closet

寒い季節も気持ちよく起きるために入れておくべきアプリ4選

寒い季節が近づくと、布団が恋しくて朝起きられない…なんて人が多いのでは? 実は、その理由はあなたが“ナマケモノ”だからという訳ではありません。冬になると日照時間が短くなって、体内時計がうまく機能しなくなってしまうことが原因なんです。さらに、気温が低く、朝になってもうまく体温が上がらないと、さらに起きづらくなってしまうとか…。

そこで今回は、“冬でもスッキリ目覚めたい!”そんなあなたの救世主アプリ5選をお届します。

【1】雨でも安心! 天気予報に合わせてアラーム時間を変更してくれる『遅刻シラーズ』

睡眠1

あなたの住んでいる地域を設定すると、「晴れ」「くもり」「雨」「雷」のときは、いつもより早くアラームを鳴らしてくれる優れモノ。時間通常のアラームアプリと同じように、曜日設定やスヌーズ機能を搭載しているので安心ですよ。

【2】レム・ノンレム睡眠にあわせて起こしてくれる『Sleep Cycle alarm clock』

睡眠2

iPhoneの高感度加速度センサーで睡眠中の体の動きを測定して、もっとも眠りの浅いときに優しく起こしてくれるのがポイント。「とっても静かな音なのに気持ち良く起きられる」「自分の睡眠レベルを可視化できる」とユーザーたちに大好評ですよ。予定よりちょっと早く起こしてくれるので、朝の準備がスムーズになるかも?!

【3】アラームミュージックが自動生成される『UNIQLO WAKE UP』

睡眠3

天気や時刻、曜日によってアラームミュージックが自動生成される画期的なアプリ。驚くべき点は、再生されるミュージックが第51回グラミー賞にノミネートされたコーネリアス・小山田圭吾さんと、人気アニメ「COWBOY BEBOP」「攻殻機動隊S.A.C」などを手掛ける菅野よう子さんによる共作であることです。アラームをストップしたときの“目覚め記録”をSNSに投稿したり、世界中の目覚めをビジュアライズできるのも面白いですよ。

【4】起きないと勝手に恥ずかしいつぶやきをTwitterに投稿する『OKITE』

睡眠4

普通のアラームに飽きた方にぴったりなのが、ちょっと意地悪な目覚ましアプリ。あらかじめ設定した時間に起きずに、スヌーズを連打すると…あなたに代わって恥ずかしいつぶやきを投稿されてしまいますよ。どのくらい恥ずかしいかは・・・ご自分のツイートを確認してみるべし!

 

いかがでしたか? あなたにぴったりのアプリを見つけて、明日からスッキリ目覚めてみてくださいね。

【参考】

※http://www.asajikan.jp/omezame/kaimin/archives/907