closet

【LINE】知ってる?「トーク」と「ノート」の違いと使い分け方

「LINEで最もよく使う機能は?」と聞かれたら、「トーク」と答える人が大半を占めるはず。7月に登場した新機能「ノート」を使っている人は少ないのではないでしょうか。そもそも、「“トーク”と“ノート”の違いがわからない」「ノートって何!?」なんて人もいるかもしれませんね。

今回は、「トーク」と「ノート」の違いを説明するととともに、「こんなときに便利!」というおすすめの使い方をご紹介します。きっとLINEがもっと楽しく、もっと便利になるはず。ぜひ参考にしてくださいね。

 

■「トーク」と「ノート」ってなにが違うの?

トークでのやりとりが増えると、以前の会話をもう一度読み返したいとき、待ち合わせ場所や日時などの約束事を確認したいときなど、延々とスクロールしてさかのぼる必要があって大変。結局見つからなかった……なんてこともありますよね。

そんなときに便利なのが「ノート」。トークとは別の画面で情報管理されるので、さかのぼる煩わしさが解消できるんですよ。まずは、やりとりをしたい相手のトーク画面の右上に、ノートのアイコンがあるのでこちらをタップしましょう。すると、初めての場合には「ノート機能の使い方」画面があらわます。

LINE

あとは、「投稿」をタップしてノートを作成するだけ。ちなみに、「ノート」への投稿内容は、通常のトーク画面にも表示されます。

LINE

 

■こんなときに活用しよう! 「ノート」のおすすめの使い方

約束の日時や場所、お店のURLなど、“必ずもう一度確認する必要がある”大事な情報はもちろん、大量の写真を共有したい場合にもノートのほうが便利です。

トークの場合、何枚も写真を送ると、いちいち通知が行ってしまう上にトーク画面が写真で埋め尽くされてしまいますよね。しかも、一斉送信の場合は最大10枚までしか送れません。

LINE

でも、ノートの場合は一度に最大20枚までの送信が可能で、通知も1回のみ。送られた側も助かりますが、送る側としても気持ちが楽ですよね。さらに、トーク画面を画像でいっぱいにすることもなく、1つにまとまってすっきり。

LINE

その他には、リンクや位置情報、動画などを送ることもOK。投稿内容にコメントをしたり「いいね!」をしたりすることもできます。

 

■「ノート」の内容は削除できる!

トークの場合は、一度送信した内容を削除することはできませんが、ノートは削除可能。もう終わってしまった予定や、スマホ内に保存した写真や動画など、もうノートに残しておく必要がなくなったものは、ノートを投稿した本人によって削除することができます。LINE内もすっきり整理されますよ。

LINE

ちなみに、削除したことは相手に通知されないので、必要であれば連絡を忘れずに!

 

「トーク」と「ノート」を使いわければ、さらに快適なLINEライフが楽しめるはず。よく連絡を取り合う友達や彼や家族など、身近な相手とのコミュニケーションにぜひ活用してくださいね。

 

【関連記事】

個人情報垂れ流しの「通知センター」からプライバシーを守る設定【LINE編】

LINEを使えば、今度こそ英語嫌いを克服出来るかも!?

【Androidユーザー必見】LINEの年齢認証が失敗してしまう時の対策法

彼はどのタイプ?LINEのメッセージで分かる彼の性格診断

通知センターを使わずにLINE既読を避ける裏ワザ