closet

たったそれだけ!? SNSでも恋人と繋がりたい女性は「10人中1人」と判明

いまやコミュニケーションツールのひとつというべきSNS。仕事や恋人関係はもちろん、好きな人とSNSで繋がっている方も多いはず。しかし、SNS上で好きな人と繋がってしまうと、なにかと面倒……。そう感じる方は意外と少なくないのではないでしょうか。

 

■ SNSで恋人と繋がりたいと思っている人はたった9.1%!?

『電通パブリックリレーションズ』が15〜39歳の独身男女555人に行った調査によれば、「SNS上で、彼氏・彼女とどのような関係でいたいか?」という質問に対して、「SNS上でも積極的につながりたい」と答えた男女はともに全体平均で20%前後。それに比べて「繋がりたくない」や「繋がりたくないけどもう繋がってしまっている」が男性で30%、女性で40%にも上ることがわかりました。

とくに、30%の女子学生が「SNSで彼氏と積極的につながりたい」と思っているのに対して、同じ女性でも30代になると9.1%と激減。ですが、みなさんどうして好きな人とは、SNSで繋がりたくないと思うのでしょうか。

 

■ SNSがきっかけで喧嘩するカップルは多い!?

同調査によれば、「SNS上で彼氏・彼女とつながっていて悪かったこと」の問いかけに対して、「知りたくないことも知られてしまう/知りたくないことまで知ってしまう」が63人と一番多い結果に。

順に「浮気・嘘・秘密がばれた/ばれやすい」(32人)、「自由に書けない・本音を言えない」(23人)、「面倒・うざい」(19人)と続いています。やはり、SNSの利用率が高ければ高いほど、自分の本音が反映されるもの。それを恋人に見られてはマズイと感じる方は多いようですね。

20131120柚木深つばさ02

反対に、「SNS上で彼氏・彼女とつながっていて良かった」ことを聞いてみると、「一緒にいなくても何をしているかわかる/近況がわかる」(90人)がもっとも多い結果に。

順に「連絡がとりやすい」(39人)、「話題を分かりあえる/情報を共有できる」(27人)、「昔の友人・連絡が取れなかった人と連絡がとれた/交流できた」(24人)と、この辺りはSNSの利点が多く見受けられますね。SNSでお互いの気持ちが簡単に見れるだけに、それに関わる距離感がなかなか難しいようです。

 

■彼女がいないとプロフィールに書いたら喧嘩に発展!?

なかには、こんな興味深いデータもありました。SNS上の発言や行動がきっかけで彼氏や彼女と喧嘩したことがある、関係が悪くなったカップルは23.2%。4人に1人という結果が出ているのです。

特にこれらの傾向は29歳以下の社会人に多いようで、「プロフィール情報に彼女がいるのにいないと記述していて、喧嘩になったことがある」(男性32歳)という声も集まりました。

相手が恋人に限らずとも、SNSの利用にはメリットとデメリットが存在します。SNS上で好きな人と繋がることに対して、あなたならどんな利用の仕方を考えるでしょうか?

【関連記事】

男女2人に1人が経験あり!SNSで出会いを求める時に気を付ける事とは?

「カワイイ」や「SNS」ってどういう意味?あなたの解釈が辞書に載るかも!

SNSで見破れるかも!? 合コンでみんながついているウソ3つ

ネットで話題の料理家、園山真希絵さんのレシピ試してみました!

【LINE】知ってる?「トーク」と「ノート」の違いと使い分け方

 

【参考】

「男女間におけるソーシャルメディア活用調査」-電通パブリックリレーションズ

(柚木深つばさ)