closet

今年のクリスマスこそ!男がプロポーズしたくなる5つのメールテクニック

長く付き合っている彼がいるのに、なかなか結婚の話に進展しない……。「今年のクリスマスこそ……」なんて、男性からのプロポーズを待っているだけでは、いつまでたっても憧れのウエディングドレスは着られませんよ。

そこで今回は、心理コーディネーターの織田隼人さんのブログを参考に、彼から理想のプロポーズをさせるテクニックをご紹介します。

 

■1:「何が1番好き?」と彼の大好物を聞きだして、胃袋を抑えること!

「食欲」は人間の本能的な欲求の1つ。その1つをあなたが抑えてしまえば、結婚はもうすぐそこにあるようなものです。

デートの約束をするときなど、「今度何食べに行こうか?」「○○くんは何が1番好きなの?」とさりげなくメッセージを送ってみて! 彼の大好物を振る舞えば、あなたの好感度はぐっとアップするはずですよ。

 

■2:「○○がなくなっても、あなたが好き」と絶対の愛情を伝えること!

男性は結婚を考えるとき、「本当にあなたや子どもを養っていけるかな」「年齢を重ねても愛し続けてくれるだろうか」など、さまざまな不安を抱えているといいます。

そんなとき、「たとえ貧乏になっても、覚悟はできているから大丈夫」など、「○○がなくなっても、ずっと好きだよ」とあなたの愛情はいつまでも変わらないことを伝えてあげて! きっと彼は「あなたとなら結婚してもやっていけそう」とプロポーズする覚悟ができるはずですよ。

 

■3:「2人でいる方が幸せかも」と気付かせること!

「1人でいるよりも、2人でいるときの方が幸せ……」と感じたとき、男性は自分の家庭を持ちたいと思うそうです。

たとえば、1人暮らしの彼が風邪を引いて寝込んでいるとき、「大丈夫?」「何かできることない?」とメッセージを入れてみて! あなたの存在のありがたさに気づいてくれるはずですよ。

 

■4:「支えてあげたい」と思わせること!

いつも明るく元気な女性が落ち込んていると、なんだかすごく心配になってしまいますよね。それと同じように、たまに見せる泣き顔や悩んでいる姿は男性をキュンとさせる効果があるというのです。

「直接言えなかったんだけど……」「最近上司とうまくいってなくて」など、たまには相談を持ちかけてみてはいかがですか? 男性を必要をするシーンを作ることで、あなたを支えてあげたいという気持ちに変わりますよ。

 

■5:最終手段! お互いに燃え上っている時期を逃さないこと!

どんなカップルにも“バカップル”の時期ってありますよね。寝ても覚めても相手のことばかり考えてしまうときこそ……電撃結婚のチャンス!

「○○くんと結婚できたら幸せだろうな」と最上級ののろけメッセージを送ってみてはいかがですか? 意外とすんなり結婚の話が進むかもしれませんよ。

 

長年付き合っている彼氏から「結婚しよう」と憧れのプロポーズをしてもらうために、こっそり実践してみてはいかがですか?

 

【関連記事】

勉強や仕事で忙しい彼には絶対送ってはいけない!NGフレーズ3つ

男がLINEで顔文字やスタンプを使わないワケって?

「彼のハートを落としたいなら…メールは止めなさい!」そのワケとは?

ラブラブな彼と恥ずかしくなく「ペアルック」をする方法って?

男脳を利用せよ!ケンカしたとき、男に謝らせるメール術って?

【参考】

※ 「男性にプロポーズしてもらうノウハウ 」 – 男心と女心

織田隼人・・・心理コーディネーター。『離れかけた彼の気持ちを取り戻す方法』『理系君のトリセツ』など、男女の心理の違いに関する著書を多数手掛けている。著書多数。テレビやラジオ、雑誌などにも出演。