closet

【祝・無形文化遺産】デキル彼女!和食を上手に作る方法

昨日、「和食」が無形文化遺産に登録されましたね! 多様な食材を使い、栄養バランスにも優れ、季節感も大切にしている「和食」。日本人の欧米食化が叫ばれている中、今こそ、日本人が大切にしなくてはならないものなのかもしれません。

しかし、「和食を作るのは苦手」という方も多いのでは? 「煮物にうまく味が染みない……。」「だしを取るのが苦手……。」「魚がさばけない……。」料理の基礎が苦手、という方も多いかもしれません。

 

■恋人に作ってほしい料理の1位は……やっぱり「肉じゃが」!

『gooランキング』の「彼女に作ってもらいたい手料理ランキング」では、1位はやっぱり、安定の「肉じゃが」。ジャガイモに煮崩れせずにしっかり味が染みるの、けっこう難しいんですよね。3位の「味噌汁」も粉末のダシで済ませていませんか? 8位の「卵焼き」も、火加減が難しいんです。男性が好きなのはやっぱり家庭的な和食。基礎ができていないと意外と難しいものばかり。あなたはこれらを自信持って出せますか?

 

■和食の基礎が詰まってる! 料理初心者じゃなくても確認したい『和食の基本55』

「ダシのとり方」や「味噌汁の基本」「鍋でのご飯の炊き方」「たけのこの下処理の仕方」など……知っているようで、実は意外と見落としがちなテクニックがこれでもかと55レシピも詰まっているのが『和食の基本55』。

あなたは魚を3枚におろせますか? 手順がかなり細かく説明されているので、初心者はもちろん、「そんなの簡単だわ」という方も、新しい気づきがあるかもしれません。

和食の基本は“ダシ”。粉末ダシも手軽ですが、丁寧に取ったダシは格別。うま味をおおく含むダシ文化は今回の和食の無形文化遺産登録にも大きく寄与したんだとか。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

あなたは鍋でご飯を炊くことができますか? 炊飯器のボタンひとつでも十分美味しいですが、火で炊くとさらに美味しさが倍増するかもしれません。今からの時期、土鍋で炊いてみたり、防災のテクニックのためにも、チャレンジしてみるのもいいかも。

いかがでしたか? これからますます“和食”が見直されてきます。せっかくの自国文化ですから、胸を張って作れるようになりたいものですよね。

 

【関連記事】

夏に向けてモテ美肌を目指してみて!冷蔵庫の食材で、話題の「酵素ドリンク」をつくろう

ネットで話題の料理家、園山真希絵さんのレシピ試してみました!

【驚愕の研究結果!】画像を見てるだけでダイエットができる!? その秘密とは?

ボジョレーヌーボーを120%楽しみたいなら必須!アプリ3選

いま話題の「ご褒美男子」の心をつかむポイント&おすすめアプリ3つ

■ AppStoreでダウンロード

■ GooglePlayでダウンロード

 

【参考】

「彼女に作ってもらいたい手料理ランキング」 ‐ gooランキング