closet

2013年人気検索ワードから見えてくる!「Google派」「Yahoo!派」の特徴って?

今年も残すところあと少し……。TwitterやFacebookでも、そろそろ締めくくりの挨拶をする時期ですね。

そこで今回は、検索エンジン『Google』と『Yahoo!JAPAN』の「2013年検索ワード総合ランキング」にクローズアップ! 注目ワードを見ていたら、利用者の傾向が浮き彫りになってきましたよ。

 

■検索エンジンで分かるかも?! ユーザーの傾向とは?

・Googleの1位はなんと……「Yahoo!」

1位:Yahoo!

2位:YouTube

3位:Facebook

8位:Twitter

なんと1位には「Yahoo!」がランクイン! 続いてTOP10には「楽天」「天気予報」「Gmail」のワードが並んでいました。無駄のない情報収集で仕事をテキパキこなす“デキる男”が浮かび上がってきますね。

 

・Yahoo!JAPANユーザーはまったりオフタイムが大好き?

1位:YouTube

2位:Amazon

3位:Facebook

9位:Twitter

こちらにはYouTubeをはじめとする動画サイト「ニコニコ動画」「2ちゃんねる」「FC2動画」「DMM」が上位にランクイン! お気に入りの部屋着でくつろぎながら、オフタイムを楽しむ“メガネ女子”の姿が思い浮かびますね。

そしてどちらのランキングでも興味深いのが、「Twitter」よりも「Facebook」の方が検索回数が多いこと。日本国内でのユーザー数は2,100万人を突破するなど、幅広い世代に浸透していることが伺えますね。

 

■女性は圧倒的に『Yahoo!JAPAN』で検索する人多し!

また、『株式会社スパイア』が行った「検索エンジンに関するアンケート」によると、男性は「Google」派と「Yahoo!JAPAN」派が同数だったのにたいして、女性は2倍以上で「Yahoo!JAPAN」が人気とのこと。

また、若年層になるほど「Google」ユーザーが多いとの調査結果も。検索窓だけのシンプルな『Google』に比べて、豊富な情報が一度に見られる『Yahoo!JAPAN』。あなたはどっち派ですか?

 

【関連記事】

世界66カ国以上で総合1位!超絶人気アプリを知らないなんて遅れてる!

※ 1番友達が多いのは●型!Facebookの使い方は血液型で分かる!?

【Facebookの危険】自分の名前、Google検索してみたことある?

ググるとなっちゃう!? 「google症」「サイバー心気症」って知ってる?

徹底的瞬間も!Googleストリートビューがとらえた衝撃写真8選

【参考】

Googleトレンド – Google

検索ワードランキング – Yahoo!

検索エンジンに関するアンケート – 株式会社スパイア