closet

お薬手帳もクラウドの時代!「総合お薬検索」が超便利!

寒さも一段とひどくなり、「風邪をひいてしまった……」、「なんとなく体がだるい……」なんて不調を訴えている人も多いのでは?

そんなとき、あなたはどのように薬を選んで服用していますか? 「いつも飲んでいるから」「○○に効くって書いてあったから」など、安易な自己判断に任せて口にしていると、飲み合わせや食べ合わせが悪くて副作用が強く出てしまうことも。

いざというときのために、お薬検索アプリ『総合お薬検索』がおススメですよ! 今日はこのアプリをご紹介します。

 

■超便利! 「総合お薬検索」の特長とは?

(1)写真付きだから分かりやすい!

処方箋や市販薬のどちらもサクッと検索可能。薬の名前を直接入力するか、病気ごとによく処方される薬から、写真を参考にしながらすぐに見つけられます。データは毎日自動更新されているので、新薬やジェネリックなど、最新情報をチェックすることもできますよ。

 

(2)お薬手帳の内容をクラウド管理できる!

会員登録すると、お薬手帳の情報をクラウドで管理できるのはもちろん、薬ごとのメモを残しておけるので、「いつどんな病気で処方された」など記録を残せます。また、家族でアプリを利用することで、情報を共有することも可能です。遠く離れているお子さんや親御さんの健康管理にも役立ちそうですね。

 

(3)色や刻印からも薬が分かる(※処方薬のみ)

製薬会社名や薬の効能、疾患名からの検索はもちろん、薬剤の色やパッケージ、錠剤に刻印されている記号からも検索できので、どうしても薬の名前が分からないときに重宝します。

 

(4)飲み忘れ防止アラーム付きだから安心!

指定した時間にアラームを設定しておけば、1つの薬剤に対して1日最大6回までお知らせしてくれます。

 

「シンプルだけど情報量が多くて助かる」「ジェネリック薬品の検索ができて便利」「薬の飲み忘れがなくなった」など、ユーザーからの反応も抜群のようです。あなたもお守り代わりにダウンロードしてみてはいかがですか?

 

【関連記事】

今まさに流行中!「インフルエンザ」に絶対役立つアプリ3選

キティちゃんと東大がタッグ!風邪ひき注意日がわかるアプリ

風邪薬や胃腸薬も!Amazonが薬を本格的に販売スタート

“冷えとり”にはやっぱり生姜パワー! 生姜をムダなく徹底活用できるアプリ

30秒でできる!脳の疲れをロジカルに解きほぐす方法とは

■ AppStoreでダウンロード

■ GooglePlayでダウンロード