closet

『手書き綺麗』いざという時にありがたい!書き写すだけの即効美文字アプリ

自分の字が下手だと気付いたのは、いつのことだったでしょうか。中学生の時にはもう、黒板で書く字をクスクス笑われていたと記憶しています。

有名ペン字通信教育を始めてみました。一か月も続きませんでした。「人前では字は書かない」「できるだけ字を見せない」そんな努力を積み重ねてきました。

しかし、避けて通れない場面があります。それは、のし袋ののし紙。文字を書く機会がめっきり減った最近でも、筆ペンで手書きが普通です。私は本当に字が汚いので、毎回プリンターで出力して下に敷き、書き写していました。でもこれが面倒!

プリントアウトしてから「文字が大きすぎて使えない」とやり直したり、そのたびにプリンターの電源を入れたり切ったり。ただ書くだけなのに何分、何手間かかるのか。字が汚いのが悪い。それはもう、その通り。けれど、もう少しなんとかならないものか、と思っていました。

そんな時、いいアプリを見つけました。『手書き綺麗』、無料です。

入力した文字を表示して、上に紙を敷いてなぞるだけ。二つ折り携帯でもパソコンでもできない使い方です。考えた人エライ!

画面はこんな感じです。好きな文字を入力して「完了」を押すと表示されます。機能はこれだけ。

試してみました。本体画面の明るさを、明るくなるように設定して……

のし紙を上に置いたら、しっかり透けて見えました。漫画家やイラストレーター、アニメーターの方たちの使う「トレース台」の役割になります。それにしても、お手軽です。

コツとして気が付いたのは、iPhoneにつけているケースは外してから使うことと、滑りやすいのでしっかり押さえて書くこと。iPhoneの画面より高さがあるケースを付けたままだと、押さえて書くときに紙にシワが寄ってしまいます。せっかく綺麗に書いたなら、綺麗にお渡ししたいですよね。

市販ののし袋は、表書きが印刷されているものも多くあります。でも、送り主の名前はやっぱり自分で書くことになります。この「手書き綺麗」なら、自分の名前を入力してなぞれば、バランスの良い字が簡単に書けます。対応しているのは五文字まで。長い名前の方は名字と名前と別々に表示すれば大丈夫です。

字がきれいになるわけではないけれど、少しでもしっかり見せたい場面で、少しだけ綺麗な字を残せる。「持ってて良かった」と思う時がきっとある。生活の中の「縁の下の力持ち」的なアプリです。ぜひお試しください!

『手書き綺麗』 for iPhoneをダウンロードする(無料)

(ライター:久道ゆき)