closet

「雪だよ雪!みてみて!」…その写真、SNSに投稿して大丈夫?

週末、東北から関東にかけて、多くの人を悩ませた大雪。東京での積雪も10cmを超え、交通機関や施設の利用に障害が出ている一方、都心のみなさんは年にそう何度もみない雪景色に興奮気味の様子。

そうなってくると「この綺麗な景色をみんなに伝えたい!」とSNSで共有したくなりますよね。

ですがその写真、そんなに簡単にSNSに投稿して大丈夫ですか? もしかしたら、あなたの居場所がバレてるかもしれません。

 

■GPS機能やプライバシー設定で個人情報の漏洩にご注意を!

気軽に自分の近況などを友人と共有できるSNS。積極的に利用している方は知っていると思いますが、サービスによっては、投稿した時刻の他に”場所”まで公開している可能性があります。

また、投稿する際に一番利用されているスマホ。これも写真を撮影すると、時刻の他に位置情報を記録する機能があります。

今回のような珍しい事が起こると、普段はあまり写真を撮らなかったり、SNSを利用していない人でも、ついつい個人情報ダダ漏れのデータをネットにアップしてしまう事があるようです。

以下に気を付けたい点をまとめてみましたので、今一度確認しておきましょう!

 

・スマホで写真撮るならGPS機能の設定見直しを!

まずは、使っているスマホからの情報漏洩を防ぎましょう。

iPhoneの場合だと、設定アプリから「プライバシー」>「位置情報サービス」で設定できます。

20140208saito01

位置情報サービスを一括OFFも出来ますが、GPS情報はマップアプリや天気予報でも使いますので、アプリ個別で設定するのがいいですよ! ちゃんと「カメラ」アプリもあります。

20140208saito02

 

・SNSのプライバシー設定で位置情報を確認

自分のスマホを確認したら、次にSNSの位置情報設定をチェックしておきましょう。

(1)Twitter

「設定」メニューから「セキュリティとプライバシー」メニューを選択の後、「位置情報をツイート」のチェックを外します。

20140208saito03
(2)facebook

Facebookは様々な方法で位置情報を付けられますが、基本的には投稿時に位置情報を付与しなければOKです。

20140208saito04

 

■各種スマホアプリもチェック!

SNSをスマホで使う場合は、アプリを使う方が多いですよね。

先程紹介したiPhoneの「位置情報サービス」ではカメラアプリの他にTwitterアプリの設定も可能です。こちらも合わせて確認しておくといいですよ!

20140208saito05
雪景色って綺麗だし、ましてや滅多に見られないとなると、とってもテンションが上がってしまいますが、個人情報漏洩によるトラブルには、十分ご注意下さいね!

 

【関連記事】

女性のSNS疲れの原因?スマホ利用時間が男性より1.4倍も長いと判明

「LINEのID教えてないのに…」被害者が語るネットストーキングの実態

女性の50%がやっている「暗い部屋で、寝た状態のスマホ操作」の体へのリスクとは?

無料だけど危険もいっぱい!公衆無線LANが危ない理由3つ

【意外と怖い】ブルーライトが人体に与える影響&今すぐできる対策3つ

(ライター 斉藤雄二