closet

女性のSNS疲れの原因?スマホ利用時間が男性より1.4倍も長いと判明

女子のみなさんは、どのようにスマホを活用していますか? 片手ひとつでネットやメール、SNSやアプリを起動できるスマホですので、出勤時のニュースチェックや休憩時間の暇つぶしに。

なかにはカーナビ代わりに、道に迷ったときに重宝している人もいるかもしれませんね。そんな女子にとって強い味方のスマホですが、実は男性よりもその利用時間が長いって知っていましたか?

 

■ スマホ保有率も、SNS疲れ率も、男性より女性の方が上!

以前、「オトコって意外と保守的?女性の方がスマホユーザーが多いことが判明!」でもお伝えしましたが、博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンターが2013年11月に行った調査によると、男性のスマホ保有率は50.1%。これに対して、女性は58.9%という結果が明らかになっています。

20140208柚木深つばさ04

しかし反面で、SNSの付き合いに振り回されてしまう女子は少なくなく、closetの過去記事「SNS疲れは女性に多いことが判明!その理由とは?」でも、その現状が赤裸々に判明。たとえば、「自分が書いた内容について気にする」男性は18%だったのに対して、女性は34%とその割合は3人に1人。

もしかしたらSNSに限らず、スマホの使い方に悩む女子は男性に比べて多いのかも。それは単に“機会オンチ”が原因ではなく、流行に敏感な10、20代を筆頭に、スマホを重宝する“女子の利用状況”にも関係が潜んでいるかもしれません。

 

■女性のスマホ利用時間は男性の1.4倍!

というのも、『ニールセン株式会社』が4,000人の調査協力モニターから「スマートフォンからのサービス利用状況」を割り出したところ、女性の月間利用時間は1人あたり47時間。男性の1.4倍の利用率に及んでいることがわかったのです。

男性の1人あたりの月間利用時間は34時間。1日あたりで換算すると、男性よりも25分ほど長く利用していたそう。また男女別のサービスの利用内訳を見てみても、女性のトップ3は「Google検索(83%)」、「LINE(73%)」、「楽天市場(66%)」と、なんと2位にSNSのLINEがランクイン。

20140208柚木深つばさ03

男性のトップ3が「Google検索(78%)」、「Google地図(60%)」、「Google Play(60%)」とGoogle一色だったことから見ても、男女差によってスマホの利用状況にも違いがあることがわかります。ひょっとしたら女子がSNSでストレスを感じてしまうのも、LINEを始め、スマホと関わる利用時間が関係しているかも。

 

このように男性と女性で利用時間と、その利用状況に差があるスマホ。女性には女性のスマホの使い方があるように、女子ならではのストレス発散の仕方を覚えると、もっと楽しく賢くスマホが活用できるかもしれませんね。

 

【関連記事】

「LINEのID教えてないのに…」被害者が語るネットストーキングの実態

女性の50%がやっている「暗い部屋で、寝た状態のスマホ操作」の体へのリスクとは?

【驚愕の調査結果】スマホのゲームにハマるのはオッサン&オバサンの証拠!?

Facebookでついつい演じちゃう「リア充投稿」はバレている!?

10代がもっとも投稿に気遣うのは「LINE」!20代以降との違いが明らかに

【参考】

女性の利用時間は男性の1.4倍 ニールセン、スマートフォンの利用者属性別のサービス利用状況を分析 – ニールセン株式会社

(柚木深つばさ)