closet

複数SNSの友達追加も一瞬!名刺要らずの「アイアム」がすごい3つの理由

LINEにTwitter、Facebook……。色々なSNSに登録していると、友達にアカウントを教えることがものすごく面倒に感じてしまいますよね。そんな皆さんにおすすめなのが今年1月にリリースされたばかりのプロフィール交換アプリ『iam(アイアム)』です。

このアプリを使うと、電話番号やメールアドレス、TwitterやLINE、FacebookやInstagram、Skypeなどのアカウントを簡単に紐付けすることができます。作ったプロフィールカードをiamユーザー同士で交換するだけで、各SNSのアカウントを一度に教えられるのでとても便利。でも、『iam』の魅力はそれだけじゃないんです!

 

■1:デザインがスタイリッシュ!

交換するカードのベースカラーやデザインを思いのままにカスタマイズできます。デフォルトで登録されている写真がどれもおしゃれなので、直感でデザインを選択できるのが好印象。

もっとデザインに凝りたい場合は、画像フォルダから任意の写真を選んで自慢の写真を載せちゃいましょう。アプリ内で文字入れや画像加工もできるので思わずカード作りに熱が入ってしまいます。

 

■2:「メールアドレス変えました~」なんてお知らせもう要らない!

登録できるのはSNSのアカウントだけじゃないんです。生年月日や自己紹介などのプロフィールも細かく設定できる上に、任意の動画や画像、URLを紐付けすることもできるんです。YouTubeやニコニコ動画、拡張子がjpg、gif、pngの画像URLに対応しているので、ネット上にアップロードされているお気に入りの動画や写真、イラストをプロフィールに添えられます。

ちなみに筆者は自分でアップロードした動画を紐付けしてみました。タップすると登録した動画や画像をそのまま閲覧できるので、ネット上で作品を公開しているクリエイターの皆さんにとっては名刺代わりにもなりそうです。

また、プロフィールを編集すると、既に交換した相手のカードも自動的に更新されます。「アドレス変更しました!」なんていうメールをわざわざ送る必要がなくなると思うと、とても画期的です。

 

■3:リア友、仕事仲間、ネット仲間……プロフィールを使い分け!

様々なアカウント情報を1枚のカードに紐付けできるとなると、「学校関係の人にはLINEのアカウントを教えたいけれど、Twitterは教えたくない」「ネット上のみでの付き合いの人にはFacebookアカウントを教えたくない」といったシーンで困ってしまいますよね。その場合は複数のカードを作成して使い分けるのがおすすめです。

友達用、仕事用、ネット友用……など、たくさんのカードを作っておけば交換するときにも困りません。複数のTwitterアカウントを使っているユーザーにとってもカードの使い分け機能は嬉しいですよね。各カードでデザインを変えておけばアカウントを間違う心配もなくなりますよ。

そして筆者が実際に作成したカードがこちら。デザインに悩んでしまい登録までに少々時間がかかりましたが、それでも10分程度でカードができあがりました。

もしも『iam』が爆発的に流行ったとしたら、将来的に名刺が姿を消してしまうかも……? SNSのID管理に悩んでいる人は友達と一緒にぜひ使ってみてくださいね。

 

【関連記事】

男女2人に1人が経験あり!SNSで出会いを求める時に気を付ける事とは?

成功率100%!? 気になるカレのLINE-IDを聞き出すテクニックを学べ!

「LINEのID教えてないのに…」被害者が語るネットストーキングの実態

SNSで今の恋人と出会ったキッカケは…プロフィールの●●にあった!

Facebookでついつい演じちゃう「リア充投稿」はバレている!?

■ AppStoreでダウンロード

(ライター:時雨屋るこ