closet

LINEが新しいステージへ!あなたもLINEのスタンプ作って売れるかも!?

LINEが本日(2014/2/26)、新サービスを発表! これが結構衝撃なんです。いくつか大きな発表があったのですが、ポイントとなる内容をピックアップしてご紹介します。

 

■1:わたしも、あなたも、LINEのスタンプを作って売れる!

まずはみんな大好きなスタンプの「オープン化」! LINEオリジナルから企業マスコットキャラまでたくさんの種類が販売されているスタンプですが、今までは「公式」としてサービス運営側からしか販売できませんでした。

ですが今回の発表、『LINE CREATORS Market』に登録し、LINEの審査をパスすれば誰でもオリジナルのスタンプを作成してLINEウェブストアから販売が出来ます。

20140226saito06

販売額は、スタンプ40個を1パックとして100円。売り上げの50%を収益として得られるそう。『LINE CREATORS Market』は本日よりオープンしていますが、クリエイターの登録受付は4月を予定しているとのこと。イラストを描くのが好きな人はぜひ登録してみては?

「こんなスタンプあったらいいのになぁ~」なんていうキャラクターやスタンプがこれからどんどん出てくる予感! ますますスタンプが充実しそうです!

 

■2:通話料は驚愕の「10分の1」! 相手がLINEじゃなくても電話がかけられるようになる!

次は「LINE電話」についてです! こちらもかなりびっくりな内容でした。

「LINEで電話? いつもの事じゃん」と思うかもしれませんが、この「LINE電話」は、LINE同士で出来る無料通話ではなく、固定電話や“LINEを使ってない携帯電話宛”にも電話が出来るようになります。「それって普通の電話じゃ……?」ってところなのですが、びっくりな内容というのは、通話料金!

 

(1)「30日プラン」だと1分2円~

「30日プラン」に契約すると、携帯電話宛だと1分6.5円、固定電話宛だと1分2円で通話が可能に。

 

(2)事前に使う分だけチャージできる「コールクレジット」だと1分3円~

「30日プラン」ではなく通話分を事前にチャージして使える「コールクレジット」だと、携帯電話宛で1分14円、固定電話宛だと1分3円の通話料。

 

同じ条件で、例えばソフトバンクで契約しているユーザーがiPhoneから固定電話へ電話をかけると、一番安いプランでも10円/30秒。1分20円ですので、最大10分の1の値段。なんなんでしょう、この金額……。

携帯電話同士であれば、LINE無料通話やキャリアの各種無料サービスもありますから、上手に使い分ければ大幅な節約が見込めそうです! こちらの「LINE電話」は3月にサービススタートだそう。楽しみですね!

今回の発表の時点で既にユーザー数3億7,000万人を突破しているLINE。ますます手放せなくなってしまいまいそうですね!

 

【関連記事】

ししょー!「じゃらんの観光ガイド」アプリがすごいらしいにょです!

送り間違えた?LINEトークのメッセージが「削除」ができるようになったよ!

【LINE】いらないアカウントは「削除」で友達リストもスッキリ!

ついにiPhone版の「LINEきせかえショップ」がオープンしたよ!

既読スルーに遅レス…。すぐに返信が来ない時にオトコがしている事って?

 

【参考】

※ LINE CREATORS Market – 公式webサイト

(ライター 斉藤雄二