closet

「Apple IDの2段階認証」設定まだやってない!? 写真付きで丁寧解説!

手軽にアプリなどの購入ができる便利な「Apple ID」。その反面、Apple IDを失くしてしまったり、情報が漏れてしまうと大変! クレジットカードの情報も丸見えに……。それを防ぐための「2段階認証」が日本でも最近できるようになりました。

たとえば、今は、IDとパスワードがあればログインをすることができますよね。つまりは、Apple IDが流出してしまうと、どのデバイスからでも最悪ログイン・情報の変更・アプリの購入ができるわけです。 もし万が一Apple IDが漏れてしまったら、それこそ“一巻の終わり”ですよね。

「2段階認証」にすると、“Apple IDにアクセスできるデバイス”をあらかじめ設定しておくことで、不正な第三者などの登録していないデバイスからのアクセスリスクを減らすことができるんです。

アカウント情報を不正に閲覧・変更されたり、自分のアカウントを使って勝手に何かを購入されるなどの被害を最小限に抑えるためにも、「まだ設定してない……」という方は、今すぐ設定しておきましょう!

 

■Apple IDの「2段階認証」を設定する方法とは?

まずは、「My Apple ID」にアクセスしましょう。PC、スマホどちらでもOK。アクセスしたら、「Apple IDを管理」をタップ!

Apple IDとパスワードを入力して「サインイン」をタップすると……

メニューが表示されるので、「パスワードとセキュリティ」を選択。質問に答えたあと「続ける」をタップします。

さらに「2ステップ確認」の「利用を開始する…」をタップ。

すると、2段階認証に関する説明が表示されるので、内容をよく確認したあと「続ける」をタップ。

注意事項をよく読んだら「設定を開始する」をタップします。

 

iPhoneやiPadなど、お使いのデバイスで設定アプリを起動して、iCloudの「iPhoneを探す」をONにします。

先ほどの設定ページに戻って、「デバイスを更新」ボタンをタップすると、「確認」がリンクになるので、タップしてください。

すると、4桁の確認コードが送られてきます。

送られてきたコードを入力すれば、デバイスが「確認済み」になるはずです。ちなみにこの確認コードをSMSに送信したいときは、「SMS機能付き携帯電話の番号を追加」をクリックしてくださいね。

このあと、Apple IDのパスワードを忘れたときや、デバイスを紛失したときに使う「復旧キー」が表示されるので、必ずメモやプリントアウトして「続ける」をタップしましょう。

メモした復旧キーを入力して「確認」をクリックして……

チェックボックスにチェックを入れたら「2 ステップ確認を有効にする」をタップします。

ちょっと説明が長くなってしまいましたが、これでApple IDの2段階認証の設定完了! 実際にやってみると、意外と簡単な作業なので、面倒くさがらずに設定してみてくださいね。

ちなみに、せっかく「2段階設定」をしても、デバイスを紛失してしまうと他人に大切な情報を盗まれてしまう可能性があるので、ご注意を……。

 

【関連記事】

iPhoneをもっと見やすくする「アクセシビリティ」設定3つ

無料会員なのに!? COOKPADで1位のレシピが見れちゃう裏ワザ

もったいない!iPhoneの純正イヤホンは「絶対使うべき」3つの理由

マニュアルがない?色々なところに隠されてるiPhoneの「マニュアル」

ちょっと待って!SNSで出会った人とリアルで会うときに気を付けること3つ

 

【参考】

My Apple ID ‐ Apple公式サイト