closet

もし、全員「歩きスマホ」で渋谷スクランブル交差点を横断したら…?

スマホの普及によって、年々増加し続ける「歩きスマホ」の事故。あなたもスマホに気を取られて、周りの人にぶつかったり、転びそうになってヒヤっとした経験が一度はあるのでは?

以前「警告!“歩きスマホ”は命を落とす危険性が…。絶対避けたい危険スポットTOP3」でもご紹介しましたが、一歩間違えると取り返しのつかない大事故を招くことも……。

「私は大丈夫!」「今まで事故に遭ったことないし」など、まだまだ危機感ゼロのあなた! このシミュレーション動画を見たら、背筋がゾッとするはずですよ。

 

■もしも渋谷スクランブル交差点を横断する人が全員歩きスマホだったら!?

歩きスマホによる事故防止とマナー向上に取り組む『株式会社NTTドコモ』が発表した、YouTubeドコモ公式チャンネル「もしも渋谷スクランブル交差点を横断する人が全員歩きスマホだったら?」では、演算エンジンを活用したCG動画で、歩きスマホのリスクを実証しています。

日本人の成人男女平均の身長160.3cm、体重58.8kgのスマホユーザー1,500人が、「急ぎ(6km/h)」「普通(4km/h)」「ゆっくり(3km/h)」の3パターンで歩くと……

衝突事故が446件、転倒事故が103件、スマホ落下が21件も発生するという結果に。ちなみにスクランブル交差点を横断できたのは、547人と3割程度にすぎませんでした。

これは通常歩行時に比べると、視野が約1/20になってしまうため、対象物が1.5mまで接近しないと認知できないことが原因。歩きスマホは、あなたが思っている以上に事故のリスクを高めているのです。

「ちょっとメールを1通送るだけ」「目的地を調べながら歩きたい」「ゲームの途中だから……」と歩きスマホをするのは本当に危険! 今すぐ行動を改めてみてくださいね。

 

【関連記事】

ニュースアプリどれにしようか迷ってるんなら「Antenna」一択でしょ!

5人に1人が事故やケガ。それでも「歩きスマホ」は…危険じゃない!?

「スマホ中毒」急増中!こんな5つの行動をしていたら危ないかも

警告!“歩きスマホ”は命を落とす危険性が…。絶対避けたい危険スポットTOP3

路上わいせつに遭いやすい!?「歩きスマホ」の危険性

 

【参考】

“もしも渋谷スクランブル交差点を横断する人が 全員歩きスマホだったら?” – PR TIMES