closet

「会社に行きたくない」はコミュ不足が原因!? 雑談力を上げる超簡単な3つのコツ

新生活がスタートしてから、早いもので1カ月。新社会人は、そろそろ研修も終わり、社内の雰囲気に慣れてきたころではないでしょうか?

でも、張りつめた緊張がプツンと切れたこの時期に陥りやすいのが、「朝起きられない」「会社に行きたくない」などの“こころの病”。

そこで今回は、ビジネスマンがストレスを感じがちな先輩や取引先との「雑談力」を上げる超簡単なテクニックをご紹介します。

 

■新入社員の約7割が「雑談力に自信がない」ことが判明!

ニュースキュレーションサービス『株式会社Gunosy』が20~49歳のビジネスパーソン男女600名を対象に行った「ビジネスパーソンの雑談力に関する実態調査」によると、新入社員の約7割が「雑談力に自信がない」と回答したことが明らかになりました。

「自分には雑談力があると思いますか?」という質問に対して、「あまりないと思う」が42.3%、「全くないと思う」が16.3%と、全体の58.6。特に入社1年目の新入社員は、69.5%が雑談力に自信がないことが判明しました。

 

■新入社員は「恋愛」、先輩・上司は「スポーツ」「政治」が好き!

ちょっと興味深いのは、先輩、上司世代になるほど、「スポーツ」や「政治」に関する関心が高まるのに対して、新入社員たちは「恋愛」に夢中であることです。

こうした世代間の興味・関心のあるジャンルが大きく異なることが、雑談がスムーズにいかない理由かもしれませんね。

 

■「雑談力」をアップさせる超簡単なコツ3つ

今回は雑談力アップに欠かせないポイントを教えてくれるアプリ『話のネタづくり&会話力アップ』を参考に、今すぐ実践できる超簡単なコツをピックアップしてみました。

 

(1)複数のニュースサイトをチェックして、ネタ収集しよう!

世代ごとに興味・関心のあるジャンルが違うからこそ、複数のニュースサイトをチェックする必要があるとか。芸能ネタやスポーツネタなど、話題の最新情報に目を通しておくだけで、対応力がぐっとアップするはずですよ。

 

(2)興味のないジャンルは「急上昇ワード」を見るだけでOK!

「どうしても政治や経済には関心がなくて……。」そんなときは、人気急上昇中のワードのみチェックすればOK! 「え!? 知らないの?」とこれまであなたを小馬鹿にしていた上司を見返してみてはいかが?

 

(3)旬なネタは、最低でも3人以上に話すこと!

「これだ!」と思ったネタは、“最低でも3人以上に話をする”ことが重要だとか。少しずつ情報量が増えて、膨らみのある話ができるようになること間違いなし。ここぞというときに、ぜひ使ってみて!

雑談力に自信が持てるようになると、自然と仕事にも「面白み」が出てくるはずです。まずは誰にでも通用するようなジャンルのネタを1つ作ってみるとよいかもしれませんね。

 

【関連記事】

「スマホ史上最高」の日本語入力を搭載したスマホが、本当にすごかった!

新社会人じゃなくてもチェックしておきたい!間違いだらけなビジネス敬語5つ

Yahoo検索がすごくなってた!Google検索に比べて「一味違う」3つのメリット

社会人の常識!メール派のあなたが押さえておきたい「標準メール」必須ワザ5選

あなたの知識は小学生レベル!? 「教科書クイズ」で脳トレ!

 

■ AppStoreでダウンロード

 

【参考】

※ ビジネスパーソン600人に聞いた雑談力に関する実態調査 「雑談力に自信がない」新入社員が約7割! – PR TIMES