closet

既読スルー回避!彼が「つい返信しちゃう」カワイイ催促テク2つ

あなたは「既読スルー」は気にする方ですか? 「気にしない!」という人でも、いつまでも帰ってこないとさすがにイラッとしたりしますよね。そんな時、あなたならどうしますか?

 

■LINE依存の自覚がある人は3人に1人

すでにclosetの『あなたの何気ない「既読スルー」、2人1人はイラッとしている事実が判明!』でもお伝えしたように、LINEの既読スルーについて「気になる」「やや気になる」と答えた人は44.3%。

およそ2人に1人が「既読スルーを気にしている」事実が明らかになっています。また同調査対象に、チャットアプリの依存度について聞いたところ、「依存している」「やや依存している」と答えた人は31.1%。

同調査の利用しているアプリのほとんどがLINEであることから、まさにLINEユーザーの3人に1人はLINE依存の自覚があるのかもしれません。

 

■ 相手を不快にさせず、さり気なく返信を催促する方法って?

そんな既読スルーですが、既読スルーに不満を感じるのは「読んだなら返事返してよ!」と、相手からの反応が欲しいからですよね。

ではなんとかして、さり気なく返信を催促する方法はないでしょうか? 友人や恋人の関係をこじらせないためにも、効果的なメッセージの送り方をご紹介しますよ。

 

(1)こっちから近況報告で追撃する

「最近、なかなか会えないけど元気してる?」「GWも仕事であっという間に終わっちゃったよ」といったように、基本的にはメールと同じ内容でOK。近況報告がてら相手の様子を伺ってみましょう。

ほかにも「この前、(共通の)友達と◯◯に行ってきたよ」、「◯◯(マンガの新刊)発売されるね。もう買った?」など、共通する話題や好きなモノについて聞いてあげると、相手も返信しやすいかも?

 

(2)スタンプを活用する

キャラクターによっては、壁から覗き込んでいるスタンプがありますよね。まさしく「どうしているかな?」というニュアンスを込めて、スタンプオンリーで催促してみるのもアリ。

彼氏だったら、「「返事まだ?」と彼氏を追いこめるスタンプがTwitterで大ヒット!」でご紹介したスタンプなんかも、冗談ぽくっていいかも!

間違っても「忙しいの?」などと追撃してはダメですよ。相手に「ごめん」と謝らせたがっているような催促では、余計にめんどくさくなってますます返信が遅くなる可能性が……。

 

便利なLINEだからこそ、振り回されず賢く利用したいもの。心当たりのある人は、さっそくこれらの方法を参考にLINEの使い方を見直してみてくださいね。

 

【関連記事】

ニュースアプリどれにしようか迷ってるんなら「Antenna」一択でしょ!

ワザと間違い送信!? LINEでカレを落とす上級テク3つ

LINEをやめて原点回帰?遠距離カップルが長続きするSNSの使い方3つ

オトコがいう「仕事が忙しくてLINE返せなかった」って本当?

「これは後でもいっか…」と既読スルーしたくなる彼女からのLINEって?

 

【参考】

LINEのチャット利用は9割、無料通話利用は7割 – MMD研究所