closet

端末込みで月3000円!? 「格安スマホ」が超人気な理由って?

SNSやちょっとした調べものをするのに、本当にスマホって便利ですよね。若い人たちはもちろん、お父さんやお母さん世代にも広がりつつあるスマホ。だけど、あんまり使いこなせていないのに、標準的な値段がガラケーと比べると2倍近くなるのはちょっと……と思っている人も多いのでは?

そんな人に今人気を集めているのが、スマホ本体と格安SIMカードがセットになった「格安スマホ」。

 

■端末代込みで月額¥3,000以下! 今話題の『格安スマホ』

今回例としてご紹介したいのは、大手スーパー「イオン」が出した、その名も『イオンのスマートフォン』。Nexus本体と通話やネットのセットで月額2,980円から利用出来るという格安プランです。ネット回線しかついていないものが多い「格安SIMカード」と違って音声通話回線も付いており、普通の「電話」として使えます。

4月に発売になったこのスマホ、大きな話題となり、日経BPによると、3割の店舗が、あまりの反響に予約も早々に打ち切ってしまったほどだったとか。

この様子をみたビッグカメラなどの家電量販店が後に続き、さらに高機能なスマホを安い値段で販売開始しています。

 

■初心者には難しすぎた今までの「格安SIMカード」

その人気の秘密は「格安SIMカード」と端末のセット販売。月1,000円前後の「格安SIMカード」のみを提供している会社はたくさんありましたが、SIMフリー端末をどうやって手に入れたらいいのか? 今持っている端末が使えるのかどうか? など分からないこともたくさん。

「上手に運用すれば安く済む」のが分かっていても初心者には難しい……。そこへ登場したのが、本体も安く、SIMカードとセットで手に入る『イオンのスマートフォン』だったというわけです。

月額料金が安い“格安スマホ”は今後もどんどん登場するはず。「ほとんど使ってないのに携帯代高過ぎ! でもスマホがいい!」という人は一度検討してみてもいいかもしれませんよ?

 

【関連記事】

松坂桃李くんもホレた!この夏のスマホは「ARROWS NX F‐05」がスゴい!

なんでそんなに安いの?初心者が間違えやすい「格安SIM」のワナ

スマホ利用率やっと過半数!非利用者の60%以上が「スマホ使いたくない」

超安い!パケット代が「スマホ3台合計で1,100円」になるコツ

【国内最安値】「LINE電話」のプランをまとめてみた!

 

【参考】

端末代込みで月額2980円、イオンが火をつけた低価格スマホ、ビックやヨドバシが追随 – 日経BP

(ライター 斉藤雄二