closet

毎日LINEしてても…実は「脈アリ」じゃなかった!? ●●とは関係がないと判明

最近、やけに仲がいい異性の友人がいる……。毎日のように、電話やLINEで連絡取りあってるし……。もしかしてわたしに気があるのかも!?

そんな早合点していませんか? 実はそれ、ちょっと恥ずかしい“勘違い”かもしれません。「恋愛感情」と「連絡の頻度」は必ずしも一致しないことが、ブライダル総研の調査でわかったのです。

 

■LINEの頻度は脈アリorナシには関係ない!?

調査を行ったのは、リクルートのブライダル総研。「第1回恋愛観調査」では、恋人と異性の友達に対する行動の差について調査が行われました。

その結果をみると、「恋人とメールのやりとりを頻繁にする」と答えた人が87%だったのに対して、「異性の友人とメールのやりとりを頻繁にする」と答えた人は72%とほとんど変わらないことがわかったのです。

つまり、メールのやりとりの頻度は、そのまま“恋愛感情”にはつながらないということ。それでは、どんな「行動」だったら、“ただの友達とは言えない、特別な行動”と言えるのでしょうか?

 

■親密度はデート場所で分かる!?

「恋人とする行動」と「異性の友達とする行動」の差が激しいものほど、“ただの友達とは一緒にはできない、特別な行動”ということ。

やはりLINEなどの連絡よりも、実際の“デート”のほうが、親密度アップと言えそうです。注目したいのは、そのデートの“場所”。

「二人で飲みに行く」は70%近くの人が「異性の友達ともする」と答えているので、「二人っきりでご飯だなんて、やっぱり気があるの!?」なんて思うのは、勘違いの可能性が高いかも。

「食事」、「映画やコンサート」、「ショッピング」、「ドライブ」、「花火大会やテーマパーク」の順で、“特別な関係”と言えるので、「今度二人で花火大会行こうよ!」なんて誘われたら……これは“脈アリ”と期待して良さそうですね!

 

■電話は「脈アリ」!?

そして、意外だったのが、「電話を頻繁にする」というのが、「ショッピングに2人で行く」よりも親密度が高いということ。メールも電話もそんなに違わないと思いきや、“声”でのやりとりには大きな差があるようです。もし、彼を落としにかかるなら「電話してもいい?」と積極的に電話を使うっていうテも……アリかも?

 

LINEで何通もやりとりを繰り返すくらいなら、ちょっとだけ勇気を出して「今度○○行こうよ!」とデートに誘ったほうが、恋の的中率はアップするかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ ARROWSの新機種がスゴすぎる!iPhoneを卒業したくなる3つの理由

裏で笑われてる!? 「モテると勘違いしている」女の特徴3つ

言っちゃダメ!「婚活アピール」しないほうがモテる3つの理由

彼の行動をついチェックしちゃう?自分が「恋愛依存症」か確かめる方法

なんて罪作り!LINEの●●が30%のオトコを「勘違い」させていた!

 

【参考】

第1回恋愛観調査 ‐ ブライダル総研(PDF)