closet

安否確認にも!? LINEの「ちょっとユニークな活用法」3つ

友人や恋人とのコミュニケーションには欠かせないLINE。「今何してるの?」「好きだよ」「誕生日おめでとう」など、いつもユーザーたちの思いを伝えてくれる優秀なパートナーですよね。

でも、実は「LINE」にはもっと便利な使い方があるようですよ。そこで今回は、ユニークなLINEの活用方法をご紹介します!

 

■コミュニケーションだけじゃない! LINEの使い方3例

『株式会社サイバー・バズ』が「Ripre(リプレ)会員」の男女803名を対象に行った調査「身近な人とのコミュニケーションとソーシャルメディア」によると、LINEの使い方が多様化していることが明らかになりましたよ。

 

(1)「既読」で安否確認!

遠く離れて住む高齢の両親が心配なユーザーは、メッセージを送って「既読マーク」が付くと「元気なんだな」と安心するそう。また、1人暮らしをする子どもや落ち込んだ友人には、特に用事がなくても絵文字やスタンプを送って安否確認をしているといいます。

 

(2)電話よりも言いたいこと伝わる「連絡網」に!

幼稚園や小学校の連絡網といえば、1枚の用紙にズラッと並んだ「氏名」と「電話番号」でしたよね。でも最近のママたちは、LINEのグループ機能を使って、手軽に連絡を取り合っているとか。電話よりも迅速で、無駄のない伝達が可能になったのかもしれませんね。

 

(3)頻繁に会えない友人との「プチ同窓会」にも使える!

報告したいことがあるけど、電話するほどでもないし……。そんなときは、LINEのグループ機能を使って、友人たちに近況報告をしているといいます。写真をアップしたり、プロフ画像を変えるだけで相手に伝わるので、面倒がなくていいかも!?

 

このほか、会議の内容を共有したり、ソーシャルゲームの作戦会議をしたり……。ユーザーにとって最も便利な使い方を模索しているようですね。あなたは友人や恋人とコミュニケーションを取る以外に、どのような使い方をしていますか?

 

【関連記事】

マンネリ防止!結婚してからも「ドキドキ恋愛」を楽しむ方法

毎日LINEしてても…実は「脈アリ」じゃなかった!? ●●とは関係がないと判明

「通知疲れ」急増中!? 3人に1人がLINEグループ退出したいと判明!

ワザと間違い送信!? LINEでカレを落とす上級テク3つ

これが無料!? 「LINE公式」のスマホアイコン着せ替えアプリが出たよ!

 

【参考】

第2回:Social LIFE Labo調査 – 株式会社サイバー・バズ