closet

どうしてヤリモク男に魅かれる?「ひと夏の恋」の原因は心臓だった!?

花火大会やお祭り、BBQなど、これから夏本番に向けてイベントが盛りだくさん! 友達と過ごすのもいいけど、やっぱり欲しいのがカレシ。冬のイベント前と違って、なんだかアドレナリンがドッとでてきちゃう気がしますよね。ついつい「ひと夏の恋」しちゃった……なんて人もいるのでは?

 

■「ひと夏の恋」しちゃうのは、心臓のせい!?

夏は、当然気温が高いですよね。気温が高くなると、体温も高くなり、心拍数が上がります。夏は冬に比べて、安静時も運動時も、心臓が“ドキドキしやすい”んです。

この「ドキドキする」ってのが、恋愛と関係があるようなんです。

恋愛関連の著書を多くもつ心理コーディネーター、織田隼人さんのブログによると、「人は恋のドキドキと、他のドキドキを混同してしまう」のだそう。いわゆる「吊り橋効果」と言われているものですね。

お化け屋敷や、見知らぬ土地での旅行、夏のビーチ、スポーツなどで恋愛に発展しやすいのはそのためなんだとか。

その上、夏は必然的に薄手の洋服になりますよね。裸に近くなってくると、人はどんどん“本能”がむき出しになってくるもの。時には勢いも大事ですが、あまりにも“本能のおもむくまま”に行動していると、下心ありありの男性に引っかかってしまうかも。

そこで今回は、gooランキングの「これって下心ありでは!と感じる男性の行動ランキング」を参考に、ほてった夏の頭でも判断できる「オトコの下心を見抜くコツ」をご紹介します。

 

■こんなメッセージに要注意! 下心アリアリなオトコの特徴4つ

(1)「何もしないから安心して!」と家に誘ってくる男

一人暮らしのオトコの家に行くなんて、もう、鴨がネギ背負ってやってくるようなもんです。こんなの分からない女性はいませんよね。なのに「この人なら、まぁ大丈夫か……」なんて妙に判断が甘くなっちゃうのが、夏の不思議。「今度ご飯作ってよ」「家で飲もうよ」なんて誘いも、自宅に呼び込むテクニックですよ。

 

(2)誘ってくるくせに、そのことを言いたがらない男

夏はイベントの季節。そんな時に「会いたい」と誘ってくる男性は、あなたに気がある証拠。でも「SNSにはあげないで」、「みんなにバレたら恥ずかしい」なんてよく分からないことを言われたら、他に本命彼女がいる可能性大! 遊ばれるだけでなく、面倒なことになりかねません。

 

(3)何度断っても「会いたい」アピールがしつこい男

何度断っても、「寂しいよ」「今日は○○ちゃん暇?」としつこい男性。あなたに気があるのではありません。こんな人は、複数の女性に同じようなお誘いメッセージを送っている可能性が……! 本気になる前に、SNSで彼のコメントやアクティビティで、遊び慣れている男性かどうか見極めて。

 

(4)オゴリをアピールしてくる男

せっかくのデートなんだから、多めに出してくれたり全額オゴリでいいよ、なんて言われるとちょっと気がいいもの。しかし何かとかかるお金を全部出そうとする男は要注意。「こんなに出させてしまって悪いなぁ」という“申しわけなさ”に付け込んできます。「タクシーで送るよ」とそのまま家に乗り込んでくるパターンも。

 

「ちょっといいかも……」と思った男性にボディタッチをされたり、隣にいるのに「○○ちゃん可愛いね」とメッセージが送られてきたら、ドキッとしてしまいますよね。でも、その甘い罠に気をつけないと、本当に“ひと夏”どころか“ひと晩”の恋で終わってしまうかもしれませんよ。

 

【関連記事】

コスパ最強!キャンペーンに「切手なし」で応募する方法って?

夏のイベント前に男が「彼女ほし~」とサカっちゃう理由

夏、スマホでの写真撮影は要注意!Googleアカウントが停止!?

スマホも夏の暑さに弱い?修理に出す前にチェックしたい5つのポイント

100%見える!花火大会の「穴場スポット」を確実に探す方法

 

【参考】

「これって下心ありでは!」と感じる男性の行動ランキング – gooランキング

ドキドキと恋の関係 ‐ 男心と女心

織田隼人・・・心理コーディネーター。『離れかけた彼の気持ちを取り戻す方法』『理系君のトリセツ』など、男女の心理の違いに関する著書を多数手掛けている。著書多数。テレビやラジオ、雑誌などにも出演。