closet

コーヒーより効く!? 無印良品の「お昼寝」専用アプリがすごい!

この時期は蒸し暑く寝苦しい日が続いて、どうしても睡眠不足になりがちですよね。肌は荒れるわ、昼間眠くて仕事にならないわ……。そんな時は「昼寝」がいいっていうけど、それって本当なのでしょうか?

 

■1時間半の昼寝は「一晩分」に匹敵!

昼寝研究で著名なカリフォルニア大学の助教授、サラ・メドニックさんが過去に発表した研究結果によると、「1時間半の昼寝は一晩分に匹敵する」んだそうです。

また、昼寝の代わりにコーヒーに含まれる「カフェイン」などで眠気を解消する人も多いかと思いますが、あの苦~いダブルエスプレッソを1杯飲むよりも、20分仮眠をとった方が、その後の活動に良い影響を与えるという事も分かったんだとか。

とはいっても、人の居るオフィスでそんなに簡単に仮眠なんて出来ませんよね。今回はそんな人のために、シンプルな睡眠サポートアプリをご紹介しましょう!

 

■ナチュラルサウンドが鼓膜に直接響いて、臨場感UP!

『MUJI to Sleep』はあの「無印用品」が“眠る”をテーマに企画・開発した睡眠サポートアプリで、日本各地を飛び回り録音した6つのナチュラルサウンドを収録しています。

使い方そのものは至ってシンプル。左右にフリックしお好みのサウンドをチョイス。タイマーは30~90分でセットしましょう。

ヒーリングサウンドを使った同種のアプリは他にも多く存在しますが『MUJI to Sleep』の特徴は2つあります。

(1)バイノーラルマイク・・・頭部の「音の響き」を研究し、鼓膜に直接届くように収録する技術。イヤホンで効くと、驚くほどの臨場感を得られる。

(2)バイノーラルビート・・・左右の周波数(音の揺れ)を意図的にずらし、脳波と同調させることにより、ズムーズに睡眠状態に移行出来る。

イヤホンよりも耳全体を包むヘッドホンがオススメですが、特殊な音を使用しているので、「ペースメーカーを使用している方」や「車の運転中」「10歳未満の子供」などは使用を控えるようにとのこと。

寝苦しいこの時期、睡眠不足やお昼休みに「仮眠を取り入れてみよう」と考えている方は、試してみてはいかがでしょう?

 

【関連記事】

コスパ最強!キャンペーンに「切手なし」で応募する方法って?

フィルム必要なし!0円でスマホの「ブルーライト」を軽減する方法

「寝坊」はコレが原因だった!? 短時間でも朝すっきり起きる8つのコツ

女性の50%がやっている「暗い部屋で、寝た状態のスマホ操作」の体へのリスクとは?

スマホを使うほどストレス!? アナタのストレスの意外な原因とは

 

■ AppStoreでダウンロード

■ GooglePlayでダウンロード

 

【参考】

「1時間半の昼寝は1晩分の効果」、睡眠の新発見続々と米国 – AFP BBnews

Uncovering Residual Effects of Chronic Sleep Loss on Human Performance – AAAS

 

(ライター 斉藤雄二