closet

メールやLINEで使える!男をやる気にさせる「5S」って?

カレシには素敵なデートをリードしてほしいし、ダンナだったら育児や家事も手伝ってほしい。「彼がもっと○○してくれたらいいのに……」なんてちょっと不満を持っている人は多いのでは?

そんな時に「食べ終わったらすぐ食器洗ってよ!」、「何でせっかくのデートなのに何もリードしてくれないの?」なんてキツ~いダメ出しをしていませんか?

こんな発言を続けていたら、最初は「わかった」と素直に聞いてくれていたカレも、徐々にウンザリさせてしまったり、「家事ハラスメント(=家事ハラ)」で夫婦仲に亀裂が入ってしまうことも……。

童話「北風と太陽」のように、時には真正面から切り込むと“逆効果”になる場合も。相手をうまく動かすには、「褒める」ことが大事。

そこで今回は、夫婦問題研究家の岡野あつこ先生が提唱する「5Sの褒め言葉」をご紹介します。

 

■今すぐ使える! 男を褒める「5S」の言葉って?

(1)「すごい!」

手料理を振る舞ってくれたときや、仕事で大きなプロジェクトが成功したときには「すごいね!」と褒めちぎってあげましょう。もちろんステキなデートプランを考えてくれた恋人にも効果的ですよ。

 

(2)「さすが!」

どんなに小さなことでも、「○○くん、さすがだね」と褒められると、男性は嬉しいもの。SNSでもオシャレなお店を紹介していたり、センスの良い写真をアップしていたら、「いいね!」ではなく「さすが!」とコメントしてみてはいかが?

 

(3)「すてき!」

いつもと違うファッションやヘアスタイルに気が付いたら、迷わず「ステキ!」「お似合いですよ」と声をかけましょう。オシャレに敏感な男性ほど、内心“大喜び”しているはずですよ。

 

(4)「さいこう!」

ルックスを褒められるよりも、「○○さんっていつも穏やかな性格ですね」「○○さんの下で働けるなんて最高ですよ」と紳士的な一面を褒められるとドキっとするもの。直接伝えるよりも、こっそりダイレクトメッセージを送った方が2人の距離は縮まるかも!?

 

(5)「せかいいち!」

ちょっと落ち込んだカレに効果的なのが、「私にとって○○くんは世界一だよ」という言葉。失敗したことを忘れてしまうほど、喜んでもらえるはずですよ。カップルはもちろん、「ちょっといいかも……」と思った男性を励ますときに使ってみてはいかが?

 

「たったこれだけで!?」と思ったあなたも、一度「5S」を試してみてください。メールやLINEで上手に使いこなせば、気になるカレとの関係も思い通りに進展するはずですよ。

 

【関連記事】

SNSの「ドン引きポイント」男女で大きく違うと判明!

4割の女性が「運命の出会い」経験あり!SNSでできる「縁活」って?

女の方が「遠距離恋愛」できないと判明!失敗しないコツ教えます

夫婦円満は「SNSの使い方」にコツあり!彼らに学ぶ2つのテクとは?

かわいいつもり?男子学生が引いてる「逆効果な女子のスマホ」3つ

 

【参考】

夫の7割が妻による「家事ハラスメント」を経験!その究極の解消法を、TBSテレビ「いっぷく!」で夫婦問題研究家・岡野あつこが伝授しました。 – 株式会社カラットクラブ