closet

【閲覧注意】「LINEいじめを体験」できるサイトがネットで話題に

今や、コミュニケーションにかかせないものになったLINE。しかし今、中高生で「LINEいじめ」なるものが流行っているのだと言います。

ひと昔前までは、“いじめ”と言えば、学校内での無視や、言葉や直接的な暴力が主でした。その舞台が現実社会から、ネットコミュニケーションにまで波及し、より“陰湿化”しているのだとか。

今回はそんな「LINEいじめ」を追体験できるサイトをご紹介いたします。

 

■SNSいじめの実態が垣間みれる「チャットログ」

問題となっているのは『チャットログ』というサイト。アクセスすると10代と思わしき女の子同士のやり取りが見れます。

しばらく様子を伺っているとなにやら怪訝な雰囲気。1人の女の子が些細な理由でもう一方の女の子2人に責めらてしまいます。内容を読んでいくと、それはもうなんとも言えない気分に。これってもしかして「LINEいじめ」?

どんどんエスカレートし、責めている側の人数も増えていきます。リアルなやり取りが続き、最終的に責められていた女の子はとうとう……。

実はこのサイト、「LINEいじめ」の実態を知ってもらうために作られた”ジョークサイト”なんだそう。最後に作者からネタばらしとメッセージがあり、SNSへのシェアボタンが表示されるというわけです。

Twitterでは「胸くそ悪い」や「怖かった」といったコメント。確かにとっても怖い。

ただその分インパクトは大きいです。現実でこのような「いじめ」があるという事実は、ちょっとショックですよね。

今までは「教室の中」が主だった学生同士のコミュニケーション。学校を休んだり、転校することで物理的に教室から離れれば、一時の安定を得ることができました。しかしネットコミュニケーションは、家に居ても、どこに居ても、電波が続く限り追いかけてくる怖さがあります。

インターネットという便利なサービスも、使い方次第では人を簡単に傷つけてしまいます。一旦悪い方に向ってしまうとそれも止めようがないのでしょうか。

サイトは誰でも見れますが、心臓の弱い方は要注意ですよ。

 

【関連記事】

海外でも深刻な事態に…SNSを使った「ネットいじめ」で自殺者が続出

いじめ被害者がネットで加害者になる確率は2倍?あなたも加害者になっているかも

『LINE』こそ危ない!? 進化するネットいじめの実態

匿名だから何言っても大丈夫…って、本当にそれ「匿名」?

小学生のネット利用は無法地帯!? フィルタリング利用はわずか27%

 

【参考】

http://linelog.jpn.org – チャットログ

 

(ライター 斉藤雄二