closet

「特別な契約」必要なし!海外でもスマホを使うコツ4つ

いよいよ待ちに待った夏休み。「今年は海外旅行にいく!」という人も多いのでは? でも、海外旅行で気になるのは普段使っている“スマホ”。

「海外専用の代用機を借りるべきか迷う」

「海外で使ったら思わぬ高額請求を受けそうで怖い……」

なんて、スマホが旅行の悩みのタネになっていませんか?

今日は、「海外でもスマホを使いたいけど海外用に色んな契約を結んだり、代替機を準備するのは難しそう!」という人たちのために、筆者が「実際に海外渡航の際に行った5つのポイント」をご紹介します!

 

■「特別な契約」はなにも要らない! 海外旅行時のスマホの使い方4つ

(1)旅行前日の夜に必要なページを「スクショ」

海外旅行に必須なのが「ガイドブック」や「地図」ですよね。だけど、本は重いし、荷物になるし、できれば持ち歩きたくない。かと言って「ガイドマップアプリ」は電波がないと基本無理……。そんな時にオススメなのが「スクリーンショット」。

あらかじめ気になる情報をスクショしておいて、現地でチェックするんです!

「スマホだと小さくて見にくい!」という人はタブレットにしてもいいかも。自分だけのオリジナルガイドブックを作ってから、出発しましょう!

 

(2)飛行機に乗る前に「データローミング」をオフ、「機内モード」をオン

飛行機に乗る前には「データローミング」をオフにし、「機内モード」設定に変えましょう。両方とも「設定」項目からすぐに出来ますよ。

「データローミング」をオンにすると、海外の通信事業者の回線に繋がってしまい、高額な請求を受ける可能性も……。

 

(3)現地ではWi-Fiをフル活用! 連絡手段はSNSがオススメ

海外では空港やカフェ、ホテルなどで公共Wi-Fiが使える場所がたくさんあります。ほとんどが無料で使えるのでぜひチェックしてみて。Wi-Fiに接続する前には、「データローミング」がオフになっていることを確認してから、「機内モード」を外しましょう。

日本国内にいる家族や恋人と連絡を取りたい時は、LINEやSkypeなどの使用をオススメします! キャリアのメールや電話を使うと、海外利用料を取られてしまう可能性があります。ネット回線があれば使えるSNSなら余分なお金を取られる心配はありません。

中国ではFacebookやTwitter、Googleなどにはアクセスできないので注意して。

 

(4)忘れないで! 「充電器」の準備

意外と見落としがちなのが海外でのスマホの“充電”。普段使っている充電器が海外でも対応できるのか確認してみて。

必要であれば、変圧器を用意したり、海外対応のものに買い替えましょう。また、渡航先のコンセントにあったアダプタを用意しておくのも必須です。

不安な人は旅行前に電気屋さんに行って確認してみるのもいいかも。

 

いかがでしたか? 海外で回線がなくてもスマホは十分に使えるんです! せっかくの楽しい旅行なのにスマホのトラブルがあったら台無し……。旅行前にしっかりチェックしてから、出かけましょう!

 

【関連記事】

屋外で「水ポチャ」!? すぐにやれるスマホ応急処置4ステップ

気温だけじゃない!環境省が提唱する「熱中症対策」3つのポイントとは?

まだ間に合う!遅めの夏休み「海外旅行」を最安値で行く方法

旅行に台風直撃!? 準備しとくと助かる2つのポイント

「スマホの充電」を速く終わらせたい!3つのコツとは?