closet

地元の結婚プレッシャーに負けるな!彼が遠のく「結婚アピール」3つ

いよいよお盆休みに突入。一人暮らしの都会を離れ、実家に帰省する……という人も多いのでは?

でも、地元に帰ると気になるのが“結婚”の2文字。地元に残った友達はさっさと結婚して子育てに夢中だったり、親からは「まだなの?」とプレッシャーをかけられたり……。

「今のカレと、タイミングが良ければそのうち……」なんてマイペースに考えていたけど、実家に帰った途端に焦り出してしまう人もいるかも。

男性だって結婚を考えていないわけじゃない。でも、彼女の“結婚”プレッシャーが強すぎると、結局他の女性に癒しを求めてしまう可能性も……。

今回はgooランキングの「彼女から結婚のプレッシャーが強すぎてどうしていいかわからない瞬間ランキング」より、男性が思わず引いてしまう、彼女の結婚アピールメッセージをご紹介します。

 

■1:「あなたの親に会いに行こう」

男性が「紹介するよ」なんて言ってもいないのに「あなたの親に会いたい」、「いつ紹介してくれるの?」、「わたしの親にも会わせるから」なんて1人で突っ走っていませんか?

「だって待ってても全然話が進まないんだもの」とグチを言いたくもなりますが、女性が考えている以上に男性は“結婚”に対して責任を感じている人がほとんど。彼が今だとタイミングを見計らっていることを尊重する姿勢も大事なのかもしれません。

 

■2:「入籍日を決めたい」

「入籍日が決まったら、逆算して、両家挨拶の日程や式場の下見……スケジュールが立てられるでしょ!」と、結婚というゴールに対して、時にシビアな女性たち。新規事業計画を立てるがごとくきっちりと“結婚事業計画”を立てたくなってしまいますよね。

だけどちょっとまって! ロマンチストな男性たちはビジネスライクなこの言葉にドン引きしている様子。「ならあなたが率先してスケジュール立ててくればいいのに……」という言葉はグッと飲み込んだほうがいいかも。

 

■3:「結婚してくれないなら別れる」

これには「お前は結婚が目的で、相手は誰でもいいのかよ!」と男性からブーイングが聞こえてきそうですね。

「こっち(女性)にはリミットってものがあるんだよ! 悠長に何年も待ってられるか!」という女性の言い分もごもっとも。でも「あなたじゃなくても誰でもいい」という意味ではなくて「そのくらいあなたとの結婚を真剣に考えているし、あなたにも考えてほしい」という意味であることは男性には伝わっていない様子。不毛なケンカに発展する前に、言い方を考えましょう。

 

お盆休みは一気に女性の“結婚”モードが高まる時期。ついつい勢いで大切な彼を傷つける前に、どう言ったら彼が積極的な気持ちになるのか、もう一度考えてメッセージを送るようにしたほうがいいかもしれませんよ。

 

【関連記事】

SNSで孤独になる!? 「カドル」で癒されたい人増加中!

恋人未満カレとのデートは「家飲み」がいい理由

どうして結婚したいの?オトコの「びっくりな理由」第1位とは?

それマヂやべぇから!男ドン引きな「いい年した女」のツイート3選

専業主婦になりたい30代女子たち…増加中の「家事男子」は鬼門!?

 

【参考】

彼女から結婚のプレッシャーが強すぎてどうしていいかわからない瞬間ランキング