closet

自分は自分で守れ!「防災ガール」って知ってる?

9月の第1週目は「防災週間」。各地でいろんな「防災・減災」にちなんだ活動が行われているようです。ところでみなさん、「防災ガール」って聞いた事ありますか?

 

■「防災ガール」って?

もし大きな災害が起こったとき、被害に遭う確立が高いのは、老人、子供、次いで「若い女の子」。

でも「若い女の子」ってほんの少し防災や減災の意識を高めるだけで、“助け手”になる層でもあるんです。

「防災ガール」は、そんな10代〜30代の女性に「もっと防災や減災に対して意識を高めてもらいたい」という事で、同世代の女性達が中心になって活動してる団体です。

昨年発足し、ちょうど1年。公式サイトでは、地震や台風が発生した際の注意点や、防災グッズなども紹介しています。

TV出演や各種イベント、ボランティアへの参加などリアルでの活動も積極的。その様子はSNSでもたくさん紹介されていますよ!

 

 

■防災グッズが「大切な人」にプレゼントされる!

またTwitterやFacebookで「#BOSAIDAI」のハッシュタグを付けて投稿すると、防災ガールオリジナルブランドの防災グッズを「大切な人」にプレゼント出来るというキャンペーンも行っています。

自分が貰えるんじゃなくて「大切な人にプレゼント」というところがいいですよね。今後数年かけて、「誰かに防災グッズをプレゼントする」という習慣を日本に根付かせたいんだとか。

 

■誰でも参加OK! 「防災ガール」になってみる!?

「防災ガール」は現在50名ほどで活動しているそうです。活動メンバーは全国にいて誰でも参加出来るみたいですよ! (期間限定で防災ボーイも!)

公式サイトの「BOSAI GIRL MAP」から参加表明出来るみたい。「いざという時、自分の身は自分で守りたい!」「出来れば大切な人も助けたい!」そんなあなたはぜひ参加してみてはいかが?

 

【関連記事】

「家族とはSNSでつながった方がいい」理由とは? 

旅行に台風直撃!? 準備しとくと助かる2つのポイント

電波圏外でもOK!「山ガール」必須の地図アプリが超すごい!

ここは大丈夫?Googleマップが「あなたの街の危険度」教えます

Twitterは命を救う!? 災害時に知っておきたい活用術とは?

 

【参考】

防災ガール公式サイト

防災ガール応募フォーム

 

(ライター 斉藤雄二