closet

恋人がいるのに「ぼっちがいい」人急増中!その理由とは?

「ぼっち」つまり「ひとりぼっち」。

「ぼっち」と言えば、友達や恋人がいない人がやるもの……なんていうイメージは、もう時代遅れなのかもしれませんよ。

 

■恋人がいても「ぼっち」がいい!?

あなたは、恋人ができると「いつも一緒に居たい」派? それとも「たまに会えればいい」派?

株式会社Timersが行った調査によると、恋人がいても「ぼっち」をもっと充実させたいと考えている人が増えていることがわかったのです。

恋人がいる人473名に「恋人がいても休日は1人で過ごしたいか?」という質問に対して、半数近くが「実際に1人で過ごしている」と答えています。

彼ら・彼女らは決して“しかたなく”という、ネガティブな気持ちで1人の時間を過ごしているわけではないよう。実際に40%近くが「充実した1人の時間が過ごせている」と答えています。

ちょっとドライなカップルが増えてきている……?

 

■「同棲」していても「別々」がいい!?

そんなドライなカップルは「同棲」も、「好きすぎて、一緒にいたいから」という感じでは無いよう。

「一緒に住む時は部屋を別々に分けたい」というカップルは約4人に1人。倦怠期だから別々にしたい、というわけではなく、最初から別々に持ちたいと考えているカップルがこれだけいるのはちょっと驚きですよね。

さらにさらに、「ベッドも別々がいい」という人も約8%いるのです。これはもう、「同棲」というより「ルームシェア」なのでは……という一抹の不安が。

 

■同じ家にいてもLINEやチャットで会話

さらに12%のカップルは「おなじ家の中にいても、チャットやメールで連絡をとることがある」と答えています。実際に「家の中でチャットする」という人にその理由を聞いてみると、

彼はトイレにこもってスマホゲームをするクセがあるんだけど、そんなときはLINEするかな。どうせ声かけても上の空だし、確実にスマホは見てるわけだし。

とのこと。どうやら、「一人の空間や時間を“尊重”しつつ、コミュニケーションを取りたい」という時にチャットやメールを使うよう。

 

■「1人」を大切にしてこその「2人」

彼らの共通点は「お互いの個性をできる限り尊重したい」ということ。恋人は“2人で1人”なのではなく、“それぞれ独立した個人が2人いる”というマインドが強くあるみたい。

愛情が淡白だとか、ドライだとか、そういうことではなく、これも立派な“愛情”の証なのかもしれませんね。

 

【関連記事】

ぼっちじゃない!おひとり様を楽しむ「ソロ活」って? 

ぼっち投稿は「リア充」の証!? 彼氏の有無は●●投稿で分かる!

Twitter女子に「あったかい」グリーンスムージーが流行中!? 

【半数以上が孤独と回答】FacebookやTwitterを使えば使うほど孤独に感じるって本当?

こいつイタすぎる…!SNSの「痛い女」たち4連発!

 

【参考】

ぼっち充に関するカップルの意識調査 − 株式会社Timers