closet

グチは内容で男女を使い分けるべし!そのワケは?

恋人や友達とのおしゃべりは、そりゃ毎回楽しい事ばかりじゃないときだってありますよね。

たまには、クサクサした仕事や人間関係のグチだって聞いてほしいこともあります。

でも、それ、誰彼かまわず吐いちゃってませんか?

実は、グチの内容によって、相手の“性別”を変えたほうがいいみたいなんです。

 

■オトコから聞きたくないのは「仕事のグチ」

index

エキサイト株式会社が行った「異性との会話でされると嫌な話題についての意識調査」によると、女性が男性から聞きたくない愚痴堂々のNo.1は、「仕事のグチ」。

男性の仕事に向かう一生懸命さにはドキドキしてしまうのが、オンナゴコロ。仕事に後ろ向きな態度は見たくない、ということでしょうか?

男性から仕事のグチが出てきたら、そっと「仕事仲間に相談してみたら?」と促して、その場を流してしまうのが正解かも。

 

■オンナから聞きたくないのは「友達のグチ」

一方、女性から聞きたくないNo.1は、ダントツで「友達の悪口」。「友達なのにどうして悪く言うの?」という、女性ならではの“二面性”に、男性は理解が及ばないよう。

でも、女性からすると“友達”と“親友”はちがうし、親友だって気に入らないところもあるものですよね。マウンティングされたって、友達は友達。この微妙な力関係を理解するのはやっぱり女性。友達のグチは女性同士で解消するのが正解かもしれません。

下手に男性に相談すると「友達のことを悪く言うやつ」なんてレッテルを貼られかねませんよ。

 

いかがでしたか? グチは吐けばいいというものでは無いみたい。グチに適切な相手、内容を選ばないと、余計にクサクサした気分になってしまうかもしれませんよ。

LINEで「ちょっと聞いてよ! 会おうよ!」なんて連絡する前に、本当に相手はその人でいいのか、確認してみたほうがいいかもしれませんね。

 

【関連記事】

3カ月で-6kg続出!? 噂の「美女と野獣」ダイエットって?

彼氏とのケンカには「お作法4か条」があった!

女子会から学べ!SNSの「ウザい投稿」スルーテク3つ

リアル社会に影響あり!「要注意人物」認定される投稿って?

SNSの「ドン引きポイント」男女で大きく違うと判明!

 

【参考】

異性との会話でされると嫌な話題についての意識調査 − エキサイト株式会社