closet

みんなどれくらい貯金してるの?FPが教える「目安は20代で●●万円」

「正直言って、みんなどれくらい貯金してるの?」

気になるけど、お金の話って親しい友達にもなかなか聞けないものですよね。

ファイナンシャルプランナーである筆者のところにも、「どれくらい貯金しておくのが普通なんでしょうか?」という質問がよくきます。

その答えが、日本銀行の調査で明らかになりましたよ!

 

■20代独身の半分近くが貯金ゼロ!

日本銀行が事務局を務める金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」によると、20代シングルが保有する金融資産は平均184万円であることがわかりました。

しかし、割合を見てみると、45%は金融資産をもっていないということに!  10人のうち4~5人は貯蓄ゼロということになります。

20141205kato02

ここでいう「金融資産」というのは、預貯金や株や債券、投資信託などのこと。

現金や土地・住宅・貴金属などは含みません。現金をたくさん持っていてもカウントされないので、実際にはもう少しお金持ちの20代もいるかもしれませんが、半数近くは貯蓄がほとんどないと思われます。

 

■持っている人の平均は335万円

では、金融資産を持っている人は、どれくらい持っているのでしょうか?

資産ゼロの人を除くと、平均は335万円。でも、これにもかなりばらつきがあるようです。

資産額の分布をみると、圧倒的に多いのが100万円未満(41.6%)。200万円までという人も合わせると、6割にものぼります。

20141205kato03

20代はまだ給料が低い世代。新卒では手取り15万円前後という職種もありますから、目先の生活費でいっぱいいっぱいですよね。特に一人暮らしなら、貯蓄ができなくても無理もありません。

 

■30代までに貯蓄100万円を目指そう!

「みんな持ってないんだから安心!」と思った人もいるかもしれませんが、ずっとこのままではマズいです。

30代になると、資産平均額は450万円、ゼロという人の割合は35.8%にアップします。持っている人だけの平均額は701万円になりますから、持っている人と持っていない人の格差がぐんと開いてしまうんです。

そこで、20代のうちから少しずつ貯蓄アップを始めましょう。

まず目指したいのは100万円。これは、生活費が15万円の場合の約半年分に相当します。

 

もし病気やけがをしたり、仕事を休んだり辞めてしまった場合には、思わぬ出費がかかったり、収入がストップしてしまいます。そんなときに100万円あれば、当面の生活はやっていけます。治療や次の仕事探しにも専念できますよね。

まずは30代になるまでに100万円。月に3万円貯めれば、3~4年で達成できますよ!

 

【参考】

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 平成26年調査結果 – 金融広報中央委員会

 

【画像】

グラフ画像 − Money Step Office