closet

−10kgも夢じゃない!? 冬の「着痩せ」ファッションポイント5つ

寒い季節になると、どうしても着ぶくれしがち……。

「できるだけ薄いインナーを2枚重ねにしているけど太って見える」

「黒っぽい洋服を選んでいるのに、効果なし!」

「体型を隠そうとすると、いつも同じようなファッションに……」

そこで今回は、「ちょっとでもスリムに見せたい」あなたに、冬場の上手な着こなし術をご紹介します。

shutterstock_94953871

 

■私にもできるかも? 着やせするコツ5つ

株式会社宝島社から出版された書籍『ぽっちゃりめの人のファッションルール』によると、たった5つのポイントを抑えるだけで、スリムボディに見せることができるんだとか。

そこで今回はその中から5つのポイントをご紹介しますよ。

 

(1)見せるところと隠すところのメリハリをつける

体型に自信がないからといって、全身を隠すようなファッションで身をまとっていませんか?

今年流行のハイネックを着たときは、パンツをロールアップして細い足首を見せてあげたり、ミディアム丈のスカートでちょっと素肌を見せるだけで、ぐっとオシャレでスマートな着こなしになるはず。

 

(2)「縦のライン」を作る

いつものパンツスタイルに大判のストールをプラスしたり、丈の長いコートを合わせると、縦のラインができて細く見えます。あなたも自宅に眠っているアイテムを上手に使いこなしてみて!

 

(3)視線を散らして&重心を上げてスタイルUP効果

シンプルなデザインばかりだと、どうしてもスタイルに目が行ってしまいがちですよね。

でも、大ぶりのピアスやネックレスを付けるだけで、周囲からの視線を逸らすことができるんです。また、体型を隠そうとせず、あえて短めのトップスを着ると重心が高くなり、スタイルアップに繋がりますよ。

 

(4)色を効果的に使って着やせする

引き締め効果のある黒はスリムに見えますが、あまり使いすぎると重たいイメージになってしまいます。

そんなときは、ブラウンとベージュ、ネイビーとブルーなど、同系色の配色でスッキリコーデを目指してみてはいかがですか? 統一感が出てオシャレに仕上がりますよ。

 

(5)服のボリュームのメリハリを作る

体にフィットする素材ばかり使うと、どうしてもラインが出てしまいがち。逆にふんわりしたデザインばかりだと、太って見えてしまいますよね。

そんなときは、コートやトップスなど、1アイテムだけ違う素材・ボリュームの洋服を合わせて、メリハリをつけてみて!

 

ダイエットもいいですが、ちょっとしたポイントを抑えるだけで“マイナス10キロ”も夢じゃないかも!? あなたも今年の冬は、着こなし上手でスリムボディを目指してみて!

 

【関連記事】

読モ100人が認定!話題のダイエットスムージーとは?

夢みたい!月6,800円で洋服が「着放題」サービス登場!

今年流行りの「ノームコア(究極の普通)」ファッションって何!?

世界的ファッションブランドで女子力UP!「CHANEL」公式アプリ

3ヶ月で12キロも!? ダイエットに「プーアル茶」が効くらしい

 

【参考】

やせなくてもOK!ぽっちゃりでもスタイルUPできる5つの法則を紹介! – 株式会社宝島社