closet

我慢しなくていい!揚げ物を「太らない」ように食べるコツ3つ

忘年会や新年会が多いこの時期。

飲み会で必ず出てくるのが、ポテトフライ、から揚げなどの“揚げ物”ですよね。

高カロリー、高脂肪で、食べるのを控えなきゃとは分かっているけど、自分だけ食べられないなんて惨めだし、楽しめない!

shutterstock_228889801

そこで今回は、ダイエット情報発信サイト『microdiet.net』の「揚げ物の太らない食べ方ってあるの?」調査レポートより、揚げ物を食べる時の「太らない食べ方」をご紹介いたします。

 

■1: キャベツの千切りは必ず食べるべし!

揚げ物の横についているキャベツの千切り。あれを残したりしていませんか? そんなのもったいない! キャベツには食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維を含む食材を一緒に摂ることで、脂肪の吸収を抑える働きがあるんだとか。

単品だけを食べるのではなく、キャベツ、玉ねぎ、もやし、海藻、きのこ類なども一緒に摂るようにしてみて。

 

■2: 添えてある「レモン」はかけるべし!

揚げ物にレモンはアリですか? それともナシ?

揚げ物で太りたくないならレモンはかけておいたほうがいいかもしれません。生の食べものに含まれている「酵素」。この酵素は脂肪の吸収を緩やかにして代謝を高めてくれるのだとか。

揚げ物に添えられているレモンや大根おろしは積極的に摂って。生サラダや漬け物なども酵素を多く含んでいます。揚げ物を食べるときは一緒に食べてみて。

 

■3: 〆は「お蕎麦」がオススメ!

体に入った脂肪をぜい肉にしないためには、きちんとエネルギーとして代謝させることが大事。それにはビタミンB2が有効的です。ビタミンB2を多く含んでいる食材には、レバー、卵黄、豆類(納豆など)、肉類などがありますが、注目すべきは蕎麦!

ついつい食べたくなってしまう“飲みの〆”ですが、蕎麦は穀物の中でもビタミンB2がとっても豊富。〆にラーメン、お茶漬け、おにぎり……と迷った時は、お蕎麦をチョイスするクセをつけてみては?

 

いかがでしたか? 揚げ物を我慢してストレスを溜め込むくらいなら、栄養バランスをきちんと考えて摂ったほうが、精神的にも健康になれるはずですよ。

 

【関連記事】

セルライト撃退!プロのエステ技をたった「500円」で受ける方法

ダイエットしてないのに「痩せられる」!? 3つのテクニックとは

ブーツが入らない!寒い冬でも「運動ナシ」でむくみを取る方法とは

ローラも愛用!今流行りの「メイソンジャー」の使い方6つ

75%が体調悪くなった…「炭水化物抜きダイエット」って本当に効果あるの?

 

【参考】

※  揚げ物の太らない食べ方ってあるの? − サニーヘルス株式会社