closet

デートにも着ていける!ダウンコートを「着膨れさせない」コツ

寒くなるこの時期、ダウンコートは本当に便利ですよね。

でも、「イマイチ垢抜けない」、「ボンレスハムやミシュランマンみたい……」とひそかに思っていませんか? そうなんです。ダウンの最大の敵は“着膨れして見える”こと。

暖かくて便利なのに、デートや合コンには使いづらいですよね。

でも、ちょっとしたコーディネートの工夫で、ダウンコートもグッと着やせして見えるんです。

shutterstock_120313096

そこでファッション業界出身の筆者が、ダウンの“着やせポイント”をご紹介します。

 

■「着やせする」ダウンの選び方

まず、試着した際に、前のボタンやファスナーを閉めます。肩の線が合っているか、後ろ身頃がわきの下あたりに余っていないかをチェックしましょう。

バストのある方は、胸の上に切替のあるデザインはやめたほうがいいでしょう。胸が強調され、さらに太って見えます。

ウエストラインが絞られているもの(着た時にXラインになる)や初めから共布ベルト付のダウンを選んでみて。

ベルト付でないタイプに自前のベルトを使う際は4〜5cm以上の、ある程度太目のベルトのほうが視覚的にやせて見えるんです。

ただしXラインのシルエットのもの以外は、ウエストがもたつくのでベルトはしないほうがいいでしょう。

 

■マフラーやインナーで「Iライン」を強調!

少し暖かい日は、ダウンの前を開けて、インナーとボトムスの色やトーンをそろえると全体のバランスを見たときに縦のIラインが強調され細く見えます。

寒い日は前を閉めて、ボトムスと同系色のマフラーやストールで縦のラインを演出すると同様の効果が得られるのでおすすめ。

 

■ダウンコートの裾から「ボトムを出さない」!

膝丈、膝上あたりのロングダウンは、スカートを合わせるときは注意が必要。

裾がダウンから5cm以上出てしまうと、非常にバランスが悪く下半身が重く見えてしまうんです。

普段履くスカートの丈に合わせて、ダウンのタイプを選んで。ロングスカート派の人は、ショート丈のダウンのほうがスッキリ着こなせますよ。

パンツの場合は、“細め”または“ショート丈”のものをコーディネートするとバランスが良いですよ。

 
ダウンコートは、基本的に“羽毛布団を着る”ようなもの。着こなしには普通の衣類とはちょっと違う知識やテクニックが必要です。

さらに、保温性の高いインナーを着ることで、着膨れを防ぎつつも防寒対策を完璧にすれば、ダウンアイテムを制することができますよ。ぜひダウンコート選びや着こなしを考える際に参考にされてくださいね。

 

【関連記事】

「片想い」「復縁」…叶わぬ愛を成就させた方法とは?

−10kgも夢じゃない!? 冬の「着痩せ」ファッションポイント5つ

今年流行りの「ノームコア(究極の普通)」ファッションって何!?

クサッ!きっつい「ブーツの匂い」を止める対策7つ

だから不細工なの!? 「世界共通のブス」になっちゃう5つのクセ