closet

少ない金額でもOK!子どもに喜ばれる「お年玉のあげかた」5つ

親戚の子どもが多い人にとって、毎年お年玉をあげるのは大きな出費になりますよね。

あげなきゃいけないとは分かっているけど、それでは自分の懐が寒くなっちゃう!

そこで、少ない金額でも喜んでもらえるお年玉のアイデアを、ファイナンシャルプランナーの筆者がご紹介します。

shutterstock_56990719

 

■1:ぽち袋をキャラクターものにする

小学生までなら、キャラクターが大好きな子が多いはず。ぽち袋に好きなキャラがついていたら、それだけでもらって嬉しいものです。筆者も子どもの頃、かわいいぽち袋は毎年空っぽになっても捨てずにためていましたよ。

 

■2:おもしろいお金を入れる

外国のお金や、古いお金など、ちょっと変わった形で入れてあげるのはいかがでしょうか。

開けたときに「えっ? これ使えるの?」なんて反応があれば、金額なんて気にせず楽しんでもらえるはず。外国の通貨のしくみや、お金の歴史について学ぶきっかけにもなりますよ。

 

■3:お金の形のお菓子を入れる

コインの形をしたチョコレートや、お札のデザインがついた板チョコなど、お菓子を入れてあげる方法もあります。見た目が本物ソックリなものもありますよ。

 

■4:お金の形のメモを入れる

いかにも大金が入っているように見せたいなら、お札に似せたメモ帳がオススメ。ぽち袋も封筒サイズの大きめのものにして入れれば、まるで札束が入っているみたい! あげた瞬間にきっと興奮してもらえるはずです。

 

■5:好きなもののプリペイドカードにする

1,000円以上あげるなら、現金ではなくプリペイドカードであげる手も。LINEやゲームなどで使えるプリペイドカードなら、スタンプや有料アイテムなどですぐに使えますから、金額が少なくても充分に楽しんでもらえますよ。

以上5つをご紹介しました。ただ現金であげるだけじゃ、少ないと喜んでもらえないものの、ちょっと工夫をすれば金額が少なくてもきっと喜んでもらえますよ!

 

【関連記事】

セルライト撃退!プロのエステ技をたった「500円」で受ける方法

3つの共通点!本場のクリスマスは「日本の正月」に似ていた

帰省代を出してもらってる人は半数近く!? 「親心くすぐりポイント」3つ

両親が死ぬまでに…「あと何回会えるか」を数えられるサイトが話題に

ブーツが入らない!寒い冬でも「運動ナシ」でむくみを取る方法とは