closet

三日坊主でいい!「ダイエット成功」するモチベーションの保ち方

「最近、お腹まわりが気になってきたかも……」と思い立って、運動を始めた女子はいませんか?

体型を維持するためにも痩せにくい体を作るためにも、定期的な運動は欠かせませんよね。

でも、ジムに通ったり、社会人サークルに参加してみたものの、思うように続かない……。

そんな“三日坊主”の女子は意外と多いはず。少しでも理想通りの体に近づけるために、どうやったらモチベーション高く、運動を続けることができるのでしょうか?

 

 

■ダイエットが続くかどうかは“1ヶ月”で決まる!

shutterstock_125202647

『株式会社ニッセン』が30〜40代の女性1079人に「ダイエットに関する意識調査」を行ったところ、ダイエットをして成功した人は全体の29.3%と、わずか3割に留まっていることが分かりました。

また、成功した人のダイエット期間は「1ヶ月〜3ヶ月」が最も多く、28.6%だったそう。やはり痩せる体を作るには、“継続”がキーポイントになると言えそうですね。

実際、ダイエットに失敗した人の35.1%が「1週間〜3ヶ月」でダイエットを断念していることから見ても、どうやら「1ヶ月」という壁を乗り越えるかどうかで、ダイエットの成功が決まるのかもしれません。

 

■魔の壁「1ヶ月」を乗り越える、モチベーションの保ち方

とはいえ、1ヶ月間決まった運動をするのは、日頃運動していない女子にとってはちょっと大変ですよね。どうしたらこの“1ヶ月の壁”を越えることができるのでしょうか?

実は、少し逆説的なのですが、始めは“三日坊主”でもいいのです。

というのも、大抵の女性は「毎日●km走る!」なんて目標を立ててジョギングを始めても、3日と経たずにやめてしまうと「わたしって意志が弱いなぁ……」「やっぱりダイエットは諦めよう」と、後ろ向きになってしまうからです。

運動は続かないのが当たり前。「毎日の習慣を変えるのはそれだけ大変なんだ」と実感するだけでも、運動にチャレンジする価値は十分にあるはずです。

クルム伊達公子選手のトレーナーも務めていた中野ジェームズ修一さんの著書に、こんな言葉があります。

<「サボる→やってみる→サボる→またやってみる」をくりかえし、何度もトライしていれば、たとえ三日坊主でも10回くりかえせば、1か月続いたことになります。(中略)消費カロリーも当然、1ヶ月運動した分と同じだけ消費できているのです。(中野ジェームズ修一著『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』)>

最初は、毎日●km走る!なんて目標を立てずに、“したい時”に運動をする。

それを繰り返しているうちに、もしかしたらあなたは知らず知らず1ヶ月分の運動力をこなしているかもしれません。

「今さらちょっと運動しただけじゃ、大したカロリーにならない」と思わず、気が向いた時に運動するだけでも、長い目でみれば充分なダイエット効果になります。

サボってしまっても罪悪感を抱かず、運動したい気分になったら「やってみよう!」と、気軽に運動する姿勢を心掛けたいですね。

 

「ダイエットは確固たる意志がないと……」とストイックに考えがちですが、こうやって考えてみると「もう一度頑張ってみようかな」と意欲が再加熱するはず。

もしかしたらダイエットの成功する人とそうではない人の違いも、意外とこういった気持ちの切り替えが上手にできるかどうかで決まってくるのかもしれませんよ。

 

【関連記事】

脱・正月太り!ガガ様が短期間で-13kgした「ヒミツのダイエット法」とは

ダイエットしてないのに「痩せられる」!? 3つのテクニックとは

75%が体調悪くなった…「炭水化物抜きダイエット」って本当に効果あるの?

7割が「痩せた!」究極のダイエットの秘密は●●!

「片想い」「復縁」…叶わぬ愛を成就させた方法とは?

 

【参考】

ダイエット成功経験は全体の3割弱 成功した方の約6割は運動を強化 – 株式会社ニッセン

中野ジェームズ修一(2013)『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)