朝スッキリ起きられない原因は「寝る時の靴下」にあった!?

この時期、朝方に足が冷たくて目が覚める……という経験をしている人は多いでしょう。

靴下を履いて寝ていても、冷えきって起きてしまい、睡眠が途切れ途切れに。

それでなくても、この時期は朝起きるのがつらいもの。その原因、よかれと思っていて履いていた「靴下」が原因かもしれませんよ。

 

足から熱を放出できないと、寝付きが悪くなる!?

shutterstock_195332102

人は、体内の熱を血液とともに手足の血管に送り込み、手足から熱を放出することによって眠りにつきます。眠りに入ると、だんだん足の熱も下げながら、体温調節しているんですね。

しかし、血液が適切に循環されなければ、この手足から熱を逃がすというプロセスも止まってしまいます。

体温が下がらず睡眠状態に入れないため、寝つきが悪くなり、寝起きもなんだかすっきりしないという結果に。

 

靴下の圧迫が、足を冷えさせる

冷え性は、血行障害によって引き起こされます。足が冷えるという人は、足の血行が悪いということ。

血管が収縮することにより、血のめぐりが悪くなります。細くなった血管では温かい血液を上手に手足に送れません。

とくに足は心臓からの距離が遠いので、手よりも温まりにくいところ。

しかし、靴下を履いてしまうと血流が悪いところを、さらに圧迫してしまう結果に。すると血管がさらに収縮、血流悪化の悪循環ループに陥ります。

冷えた足に靴下を履いてもなかなか温まらない……という人は、これが原因かもしれません。

 

 

いかがでしたか? 靴下を履くのなら、睡眠に入るまで温かい足の熱を確保する程度に留めておくことが大事。その際、圧迫の強くない緩めのものや、遠赤外線効果のあるものがおススメ。できれば寝付く前に脱げると望ましいですね。

体温調整をきちんと行えば、グッと寝つき効果がアップしますよ。ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

春までに痩せたい人必見!体を温めながらダイエットするサプリが凄い

フェイスケアから料理まで!超万能な「ココナッツオイル」とは

治療薬は●●恋愛!? 急増中の「恋愛冷え性」って?

普通のショウガより凄い「黒ショウガ」って何?

夜中1時以降にスマホを使うと「ブス女」になる!? その理由って?

 

(ライター 西園寺 薫)