closet

恋愛運が下がる!? 正しい「洋服や下着」の捨て方とは

最近すっかりブームの「断捨離」。

モヤモヤしているときはモノを捨てると、少し気持ちが楽になれたりしますよね。

しかし、ついつい捨て方に悩んでしまうのが洋服や下着。

悩んでいるうちに「また次かな~」と、捨てるタイミングを見失っていたりしませんか?

 

■洋服や下着の「捨て時」って、いつ?

shutterstock_219022207

洋服は洗濯をすればするほど型くずれしてしまうもの。いつまでも使えそうな気がしてきますが、袖口や襟ぐちが伸びてきたら寿命と判断していいでしょう。

下着も、何度もしていくうちに、補正力がだんだん下がってきます。

穴が開いていても使い続けるなんて、絶対NG! 古い下着を身に付けていると、恋愛力が低下してしまいますよ。以前より身体の形に合わなくなってきたと感じたり、生地やゴムが伸びてきたら、思い切って捨ててしまいましょう。

 

■下着は、小さく切って、包んで捨てる!

ブラジャーを捨てるときは、外から丸見えにならないように新聞紙やチラシをつかって包みます。包むだけではすぐに見えてしまう可能性があるので、最後にガムテープでとめておきましょう。

ショーツは、元の形が分からなくなるくらいまで、はさみで細かく裁断。チョキチョキ切っていると、ちょっとしたストレス解消にもなりますね。切り終えた後は通常の燃えるゴミに混ぜて完了!

 

■洋服と「生ゴミ」を一緒に捨てない!

洋服は下着に比べると、そのままでも捨てやすいですよね。しかし、洋服の捨て方にもおさえておくべきポイントがあるのです。

紙ゴミと混ぜて捨てる人が多いと思いますが「生ゴミ」と一緒に捨てるのは絶対にNG。自分が着ていた衣類に生ゴミがつくと、恋愛運や人間関係運が低下してしまうのだとか。

古着は資源ゴミとして自治体に回収してもらうこともできますが、最近は、ユニクロやH&Mといった会社が自社ブランドの服を無料で回収しているので、そういったサービスも活用してみるといいかも。

「まだ新しいけど、やっぱり好みじゃなかった!」そういった服を処分する場合は、リサイクルショップで換金してみては? なかには全くお金にならない衣類もありますが、専門業者に処分してもらえると思うと、安心できますよね。

 

いかがでしたか? むやみやたらにポイっと捨てるのではなく、外から洋服や下着と分からないように工夫して処分しましょうね。最後まで“レディーらしさ”を忘れずに、ね。

 

【関連記事】

春までに痩せたい人必見!体を温めながらダイエットするサプリが凄い

夢みたい!月6,800円で洋服が「着放題」サービス登場!

彼好みのメイクも洋服も無意味!本当にオトコが重視しているのは●●と判明

気温が変わりやすい今に!天気に合わせて「洋服」も選んでくれるアプリ

超コワイ!男に「不潔なオンナ」とレッテルを貼られる4つのクセ