closet

塩レモンの次はコレ!? 激ウマとネットで話題の「怪味」って?

今までも、「食べるラー油」「塩こうじ」「塩レモン」など、聞いたことないけど、使ってみると超万能!という調味料がブームになりましたよね。

どうやら、この次にじわじわ来ているのが「怪味(かいみ)」なる調味料。

“怪しい味”と書いて「怪味」……。

字面を見ると、あまり美味しそうに感じないのですが……どんな調味料なのでしょうか?

そこで今回は今年イチオシの調味料、“怪味ソース”を「生活トレンド研究所」よりご紹介します。

 

■四川省生まれの「怪味(かいみ)」

「怪味」は、中国・四川省生まれ。

辛味、甘味、酸味、塩味に加え、“しびれ”や香り高さも加わった今までになかったタイプの調味料。

芝麻醤(チーマージャン)をはじめ、花椒(ホワジャオ)、豆板醤、ごま油、醤油、砂糖、酢、香味野菜などがふんだんに使われ、複雑で味わい深いのが特徴です。本場のものはかなり辛味やしびれが強いそう。

日本では、マヨネーズなどで“コク”を追加することによってよりマイルドにした「怪味ソース」として、唐揚げ専門店などで提供されるようになり、インターネットなどを中心に話題となっているんです。

 

■ 基本の「怪味」レシピ

怪味ソース_-_Google_検索

この「怪味」、実は家にある材料でもできちゃうんだとか。

【材料】

・砂糖         大さじ2と1/3杯

・酢          大さじ1杯

・醤油         大さじ2杯

・豆板醤        小さじ1杯

・ラー油        小さじ1と1/2杯

・練りゴマ(白)    大さじ2杯

・生姜のすりおろし   小さじ1/2杯

・ニンニクのすりおろし 小さじ1/2杯

・葱のみじん切り    5cm

・花椒(粉)      小さじ1/2杯

・ナンプラー      小さじ1/5杯

(ナンプラーが無い場合は醤油大さじ1/3を追加)

【作り方】

全ての材料をよく混ぜるだけ。

 

「塩レモン」や「塩こうじ」は、完成するまでにある程度の期間を要しますよね。「怪味」は材料さえ揃えれば混ぜるだけで完成しますので、食べたいときに作ってすぐ使えるのも魅力。

 

基本の怪味ソースに様々な調味料を足して、いろいろな料理に合うソースにカスタマイズできるところも、このソースのキモ。

ある程度作っておいて、マヨネーズや中濃ソースなどをお好みで合わせればパターンは無限大。

揚げ物やお好み焼きといった粉もの、そうめんやうどんなどのつけだれにはもちろん、餃子や温野菜、豆腐料理や蒸し料理なんかにも相性がよく、スパイシーマニアにはたまらないところですね。

いろいろ合わせて、ぜひお好みの味を見つけてみてくださいね。

 

【関連記事】

突然の別れを告げられて…復縁するためにとった「禁断の方法」とは?

ネットで話題!●●を揚げるとフライドポテトになるらしい

頑固なむくみにも効果絶大!「1日33円」で実践できるサプリがスゴイ

アン・ハサウェイも大注目!ダイエットフード「フムス」とは

たった1回で合計「8cm痩せる」超凄いエステがあるらしい!?

 

【参考】

「調味料」の専門家が今年流行しそうな”万能調味料”を徹底予測 − 株式会社オールアバウト

 

(ライター 西園寺 薫)