closet

モテ女はここが違う!「脈アリ度が低い」男性のアプローチ法

気になる人ができても、相手も同じように好きになってくれるとは限らないもの。

そんな時、あなたならどうやって彼を振り向かせますか?

好きになってくれるまで待つ? それとも積極的にプローチをする?

片想いを続けていても関係は進展しないし、こっちから行き過ぎても引かれちゃいそうで怖い……。

そんな彼へのアプローチに迷ってしまった時、モテる女子ほど“ある心理テクニック”を活用しているって知っていましたか?

 

■「脈アリ度が低い」男性をデートに誘う方法

shutterstock_225168154

モテる男女ほど、「メールしたら悪いかな……」「誘ったら迷惑に思われるんじゃ……?」と、くよくよと考えないもの。

嫌われないことばかり気にするよりも、どうやったら相手に気に入られるかを考えている人の方が、自分に自信があって魅力的に映りますよね。

あなたも気になる人に声をかける時、あまり自分を卑下せず、勇気を持って話しかけてみて。そして、その姿勢を徹底できたら、次は以下の心理テクニックを応用してみましょう。

 

(1)何度も顔を合わせる

最初は興味がなかった相手も、何度か顔を合わせるうちに親近感が湧いてきたり、いつの間にか好きになっていたという経験はありませんか? 実はこれ、心理学では「単純接触効果」といって何度も顔を合わせると、相手に対する好感度が4倍も違ってくることがわかっているのです。

<アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスは、記憶の実験と称して、2秒ごとに映し出される86枚の成人男性のスライドを、数人の大学生たちに見せました。(中略)すると、顔の魅力に関係なく、登場した回数の多い人物の方が、少ない人物よりも好感度が高いという結果になりました。(植木理恵著『植木理恵の行動心理学入門』)>

その都度、声をかけることはできなくても、彼が飲み会に行くようなら積極的に参加したり、少しでも彼の近くにいられるよう意識してみて。

彼と同じ時間を共有することで、彼も「こんな一面があるんだ……」とあなたの印象が徐々に変わっていくはずですよ。

 

(2)誘うときは「大きなもの」から

好きな人に「今度飲みに行かない?」と誘ったら、「ごめん、今日はちょっと予定があって……」と、遠回しに断られたことはありませんか? 実はデートに誘う時は、ちょっと無理難題を突きつけた方が、人はOKを出してしまう心理があるのです。

<最初の時点で大きな要求を出しておき、後で小さな要求に切り替えて承諾させることを『ドア・イン・ザ・フェイス』テクニックと言います。(同書)>

なので、「今日、仕事帰りに飲みに行こうよ!」と誘って、断られてしまったなら「じゃあ夜、LINEで話しかけていい……?」と言ってみると、彼も「それならいいかな」とOKをくれるかもしれません。要求を調節して、少しでも彼との距離を縮められるといいですね。

 

モテる女子ほど当たり前にこなしている、これらの心理テクニック。好きな人に振り向いてもらうためにも、自分ができそうなアプローチから実践してみてはいかが?

 

【関連記事】

突然の別れを告げられて…復縁するためにとった「禁断の方法」とは?

分かりにくっ!実は「好きのサイン」だった男の行動3つ

頑固なむくみにも効果絶大!「1日33円」で実践できるサプリがスゴイ

毎日LINEしてても…実は「脈アリ」じゃなかった!? ●●とは関係がないと判明

たった1回で合計「8cm痩せる」超凄いエステがあるらしい!?

 

【参考文献】

植木理恵(2012)『植木理恵の行動心理学入門』(宝島社)