closet

恋を制するのは●●上手!彼との距離を縮める「会話のコツ」とは

よく「女性は愛嬌」なんて言われますが、愛嬌のある女子は可愛いだけではなく、その場の雰囲気も明るくしてくれるので、男性から好感を持たれやすいもの。

男性の前では積極的にリアクションを取ったり、相手を褒めたりしようとる意識している女子も多いのでは?

実際、“褒めること”は彼との距離を測るうえで、とても大切なことなんですよ。

■褒められたい男性は7割以上!

株式会社アイシェアが20〜40代の男女527人に「褒められ願望に関する意識調査」を行ったところ、「プライベートで人から褒められたい」と思っている男性は71.8%もいることがわかりました。

人は褒められると相手に好感を持つので、気になる彼を褒めることはふたりの関係にも大きな効果がありそうです。

というのも、プライベートで人から褒められたことのある男性は47.3%しかいなかったんです。

褒められたい男性が多いなかで、褒められていない男性の方が圧倒的に多いようですね。

彼のことを積極的に褒めてあげることで、それまでは脈ナシだった彼もあなたに興味を抱くかも……?

 

■ 彼との距離を縮めるための褒め術2つ

でも、なかには上手く褒められない女子もいるはず。そんな時は、2つの褒め方を押さえておくと、いまよりも彼との距離がグッと縮まるかもしれませんよ。

 

(1)二面性を意識する

彼が仕事のことで落ち込んでいたり、将来について悩んでいたりしたら、あなたはどうやって元気づけてあげますか?

「大変だったね」「◯◯なら大丈夫だよ」といった当たり障りない励まし方をしても、相手はなかなか納得してくれないもの。

そんな時は、彼が悩んでいる欠点をあえて指摘したうえで、あなたがすごい思う彼の一面を褒めてあげてみて。

<人には、誰かに認められたいという欲求があるため、性格を断定されることに飢えています。(中略)逆にフォアラー効果を使って『あなたは◯◯ですが、◯◯な面もありますね』と伝えれば、相手から信頼されるかもしれません。(植木理恵著『植木理恵の行動心理学入門』)>

心理学でも“フォアラー効果”というものがあります。いいところと悪いところを指摘することで、相手は「自分のことを考えてくれている」と思いやすいそうです。

ただ褒めても説得力に欠けてしまうので、彼が元気がない時は励まし方に注意してみては?

 

(2)意外なところを褒める

彼の格好いいところ、仕事のできるところを褒める女子は多いのでは? でも、周りと同じように褒めても、彼にとっては聞き慣れていることです。

他の人が褒めないところを褒めた方が、「そんな風に言ってくれたの◯◯さんが初めてだよ」と、彼もあなたに好意を寄せてくれるかもしれません。

こうした褒め方は心理学でも効果的としています。

<他人は知っているが自分は気づいていないパーソナリティを知らされると、“知らなかった自分に気付かせてくれた人”“可能性を見抜いてくれた人”として特別視されやすくなるのです。(同書)>

真面目な印象の彼なら、「意外とおちゃめなところもあるんですね」とか。女癖が激しそうな男性なら「でも、律儀ですよね」とか。相手のギャップや意外性を褒めると良さそうですね。

 

以上、男性の褒められ願望と、上手な褒め方のコツについてお伝えしましたが、いかがでしたか?

闇雲に褒めるだけじゃ、モッタイナイ! これらのポイントを意識すると、彼のあなたの見る目が大きく変わるかもしれませんよ。

 

【関連記事】

※ 1日131円でできる!むくみ・セルライトを「劇的に改善する」方法とは

カレがそっけない…浮気のサインは●●でわかると判明!

友達に紹介できない…「ちょいダサ」彼氏を変える方法

バンドマンやスポーツ選手がモテて、理系男子がモテない理由

※ 盛れる&育つ!4時間で完売した「リアルに胸が大きくなる」ブラって?

 

【参考】

褒められ願望に関する意識調査 – 株式会社アイシェア

 

【参考文献】

※ 植木理恵(2012)『植木理恵の行動心理学入門』(宝島社)