closet

銀座ホステスが教える!アナタの自己紹介が失敗しちゃう理由とは?

春といえば、新しい出会いの季節。自己紹介をする機会が増えますね。

人との出会いで第一印象ってとっても大事。ココで失敗すると、後々まで印象を悪くしてしまうことも……。

筆者は、銀座ホステスという仕事を経験してきました。この仕事は毎日が自己紹介の連続! そんな経験をもとに、自己紹介の時に注意すべきポイントについてご紹介します。

 

 

話を盛るのはNG!

自己紹介でついついやってしまうのが、話を盛ること。たとえば、カットモデルをしていた経験を「モデルをしていた」と言ってしまうのがこのケース。

進学や就職で今までいた場所を離れるから、過去はちょっとくらい盛っても平気でしょ、なんて思っていませんか?

新生活を期に新しい自分を演じても、過去は捨てられません! 上手に隠したつもりでも、気付かれるのがオチですよ!

 

ダラダラ話すのもNG!

自分に興味を持ってもらいたいからといって、自分のことばかり話すのもNG! 出会ったばかりの相手には引かれちゃうかも。

先日、筆者が出会ったのは、幼少時から今に至るまでを、自慢を入れながら自己紹介する人。

「小学生の頃から、コートは毛皮を着ていた」「高校生まで、魚の骨がのどに引っ掛かるといけないから、身をほぐしてもらっていた」「前の職場では、ずっと売上1位だった」と、最初から最後までその人の話。

こんな人とはちょっと……仲良くなれないですよね。自己紹介の場では、自分のことだけでなく、その場にいる全員に話を振るのがスマートです。

 

当たり前ですが、そのままの自分を伝えるのが正しい自己紹介。

本当の自分よりいい姿に見せようとしても、ボロが出るというもの。ダラダラと話さず、シンプルに行ったほうが好印象です。

シンプルな自己紹介でも、興味を持ってくれた人は「もっと教えて」と、必ずあなたに質問してくれますよ。

 

【関連記事】

春からひとり暮らし…女子が絶対チェックすべきお部屋の●●って?

みんなのお泊まり事情が判明!おさえておきたい「2つのルール」とは

5分でできちゃう!春にぴったりの超カンタン「適当ネイル」って?

人生をハッピーに!「幸福度を高める」休日の過ごし方って?

たった5分で人生が変わる!? 「幸せ体質になれる」朝習慣の秘訣