closet

「こいつが運命の相手かも…?」告白成功率を爆アゲする2つのキラーワードとは

付き合ってるカップルや、結婚したカップルが、「わたしたちって、“運命”で結ばれてたのかなって思うんです~」なんて言ってること、聞いたことありますよね。

いやいや、“運命”なんて単なる偶然か思い込みでしょ? ……なんて冷めた目で見てしまったらモッタイナイ!

この“思い込み”で、実際に気になるカレの意識を自分に向けることができるんです。

恋が始まるか始まらないかという時は、告白の成功率を少しでも上げたいものですよね。

そんな時に使える言葉のテクニックを、心理カウンセラーの筆者が教えちゃいます!

 

 

■告白の成功率を上げる2つのキラーワードとは?

(1)「今ちょうど同じこと考えてた!」

彼からLINEや電話が来た時に、「今わたしもかけようと思って、電話持ったとこだったの!」「ちょうど今LINE打ってたところ!」など、“彼と同じタイミングで同じことをしてた!”と伝えてみましょう。

なるべく大げさにビックリしてくださいね。多少オーバーになっても大丈夫。

 

(2)「同じだね!」

携帯の種類でも、好きな音楽でも、趣味でも、好きな色でもいいです。

彼と“同じ”ものを探して、オーバーにビックリしてみて!

人は男女とも、思いもよらない偶然にあったり、共通点があったりすると、その相手に共感を抱きやすい傾向があるんです。そしてその偶然が重なれば重なるほど、その相手を“運命の相手”だと思い込むようになるんですよ。

 

この2点を上手に使うことで、彼はあなたのことを他の女の子よりも「特別な存在かも?」と思うようになります。

特に「今わたしも同じことを考えてた!」の言葉はまさにキラーフレーズ! どこかであなたと深く心が繋がっている、と思わせたらこっちのもの。その恋は間違いなく成就するはず。

そもそも恋をしている時は相手のことばかり考えちゃうもの。「嘘も方便!」と割り切って、彼の心を掴むために“偶然の魔法”をかけてみては?

きっと相手も「こいつが“運命の相手”なのかも!?」とあなたのことを意識するはずですよ。

 

【関連記事】

贈り上手になりたいならコレ!男性が喜ぶ「気の利いたプレゼント」とは

告白に使える!オトコをドキドキさせる最強「顔文字」って?

恋愛運が上がる「スマホのお守り」って?

女は告白に臆病?「年齢差」別オトコ攻略法

「めっちゃ好っきゃねん!」愛の告白は関西弁が効果的らしい?