closet

ダイエットは葛藤が大事?「デザートの誘惑に負けない」ための注意点

女子ってデザートが大好き。株式会社インテージが15~69歳の男女に行った調査では、「甘いものが好き」と回答した女性は91.4%にものぼりました。

20代女性の14.6%が「食事の代わりにスイーツを食べている」ことも判明したそう。

でも、ダイエット中の女子にとって、デザートは天敵ですよね……。

今回はそんなデザート好きの女子に向けて、甘~い誘惑に負けないために注意したいポイントについてまとめてみました。

 

■葛藤する気持ちがダイエットを成功させる!?

仕事で疲れていると、甘いものが食べたくなる女子も多いはず。そんな時、「太るからやめておこう……」と我慢できればいいのですが、「たまにはいいよね」と食べてしまうことも。

食べちゃったら、悩んでも悩まなくても結局同じ、と思ってしまいがちですが、ダイエット中は、こうした葛藤がとっても大事!

というのも、食べる前に「これカロリー高そうだし、太りそう……」「この時間に食べたら、間違いなく太るな」と悩み、食べることをちょっとずつ我慢することで、ダイエットは少しずつ成功していくのです。

 

■デザートを食べる理由って考えたことある?

もし、あなたがこうした葛藤なく食べているなら……食べる前に「私はいま空腹?」と、自問自答してみて。

デザートを口に運ぶ前に、どうして食べたいと思ったのか自問自答することで、食べる量を制限するのです。

<「なんとなく食べる」というのが、ダイエットにはいちばんよくありません。食べる前に、なぜ自分はこれを食べたいのかという理由を探すことは、無意識食べ物を口に入れてしまうことを防ぎ、食欲を自分でコントロールすることにつながるのです。(中野ジェームズ修一著『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』)>

これはデザートに限らず、食べ物全般に言えることです。食べる理由を明確にすることで暴飲暴食を防ぎ、無理のない食事制限でダイエットができますよ。

 

■太らないデザートって?

それでも「どうしても食べちゃう……」という女子は、せめて太らないデザートを選びましょう。

ダイエット意識が低い女子ほど、カロリーを気にせず、欲しいものをバクバクと食べてしまいがち。

コンビニでデザートを選ぶ時、脂質はどれくらい含まれているか、カロリーはいくらか、きちんと確かめて買っていますか?

<同じデザートでも、たとえばショートケーキ、デニッシュなどの菓子パンは、砂糖(糖質)、クリームやバター(脂質)を含んでおり、「高カロリーで太る」黄金のセットです。では大福や最中などの和菓子はどうでしょう。同じ甘いものでも糖質のみですから、ケーキや菓子パンほどは体脂肪になりにくく、太りません。(同書)>

デザートを口にするにあたって、脂質が何グラムなのかは、特に注意すべきところ。ファミレスでメニューを頼むときも注意して!

 

以上、甘い誘惑に負けないための注意点をお伝えしましたが、いかがでしたか。

ダイエットの成功は、こうした小さな積み重ねからうまれるもの。「最近、体重が気になってきた……」という女子は、ぜひ注意してみてくださいね。

 

【参考】

※ スイーツに関する調査 – 株式会社インテージ

 

【参考文献】

※ 中野ジェームズ修一(2013)『下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」』(大和書房)

 

【関連記事】

結婚式前に●キロ減が当たり前!? 花嫁のダイエット事情が明らかに

贈り上手になりたいならコレ!男性が喜ぶ「気の利いたプレゼント」とは

年収がわかっちゃう!? 「飲み物を買う場所」で見る女子の性格診断

分厚い脂肪にオサラバ…!「春ダイエット」が成功しやすい3つの理由

お腹プヨプヨ…はマズイ!今からでも間に合う「冬太り解消テク」って?