closet

約7割が興味アリ!案外高いスマホ代を「劇的に安くする」裏ワザはコレ

新生活が始まる春、「今度こそ節約してお金を貯めたい!」って思っている女子も多いのでは?

支出を減らしたいなら、まず見直すべきなのが毎月決まって出て行く“固定費”。家賃や保険料、通信費などがこれにあたります。

中でも一番手軽に見直せるのが通信費。毎月のスマホ代って年間で見てみると、案外大きな負担になっているんです!

そこで今回は、株式会社ケイ・オプティコムが実施したスマートフォンの利用に関する意識実態調査の結果を参考にしつつ、スマホ料金節約のコツを探ってみましょう!

 

 

■実際のところどれくらい支払っているの?

調査によると、今、実際に支払っているスマホの月額料金で最も多い回答が「7,000円以上8,000円未満」で23%という結果に。「うんうん大体これくらい」という人も多いのでは?

一方、どのくらいの金額が理想だと考えているか聞いてみると、最多の回答が「4,000円以上5,000円未満」で22%、続いて「5,000円以上6,000円未満」が17%、「3,000円以上4,000円未満」が15%でした。理想と現実に3,000円ものギャップがあるわけです!

20150323papi03

 

現在のスマホの月額料金については、「高いと感じている人」が88%、「妥当だと感じている人」が11%、「安いと感じている人」は1%となりました。

やはりみんなスマホの月額料金を減らしたいと考えているようです。

 

■スマホで主にどんなことしてる?

20150323papi01

同調査で「スマホの主な使用用途」について聞いたところ、1位はWebサイト閲覧、続いて、通話、無料通話・メッセージアプリ(LINE、Skype、カカオトークなど)の利用、キャリアメール、そしてSNSの利用と続きました。

中には「電話、メール、LINE、Web閲覧以外に興味がないから、そもそも他にどんな機能があるか知らない」(男性・27歳)、「いろんなアプリはあるけど、ひとつも使っていない」(女性・49歳)などの声も。

忙しい生活を送っている大人のスマホユーザーの中には、スマホを使いこなせず“コスパが悪い”状態に陥っている人も多そうですね。

 

■格安スマホをスマホユーザー7割が支持!

そんなスマホユーザーにオススメなのが“格安スマホサービス”。

でも、まだまだ認知度が低いようで、格安スマホサービスについて知っているかどうかをたずねてみると「よく知っている」と回答したのは4人に1人だけ(25%)。

「“格安スマホ”という言葉を聞いたことがあるが、サービス内容についてはよく知らなかった」という方が65%を占める結果になりました。

d12940-1-828353-3

とはいえ、サービス概要の説明を受けた人に「格安スマホサービスの利用に興味がありますか?」と聞いたところ、74%の人は“格安スマホ”に興味ありという結果に!

多くのスマホユーザーにとって、使い方によってスマホ月額料金を減らせる“格安スマホ”は料金の面で魅力的に映るようです。

 

いかがですか? 最近では、“通信速度”“回線のつながりやすさ”“エリア”の不安に対応した格安スマホサービスも登場しています。

スマホの使用用途や使う場所などによっては、“格安スマホ”で全然不自由を感じない人もいるのではないでしょうか。それだったら断然料金が安いのは格安スマホ!

家族も一緒に格安スマホにすれば、通信費がかなり違ってくるでしょう。この春、節約をスタートさせたいなら、格安スマホの検討もアリですよ!

 

(ライター:ぱぴ

 

【参考】

※ 『スマートフォンの利用』に関する意識実態調査 – ケイ・オプティコム

 

【関連記事】

見逃しちゃモッタイナイ!男性が「LINEで見せる脈アリサイン」3つ

実は…6人に1人が「こっそりやってます!」PC1つで初められる副業・3選

そろそろ欲しいかも…持ってる人が増えている「タブレット端末」の魅力って?

みんなの疑問!自分の死後「SNSのアカウント」ってどうする?

要注意!スマホの使いすぎで起こる恐怖の「ブス顔化」とは