closet

人には相談しにくい「婦人科系の悩み」アンケート第1位は●●と判明!

みなさんは“婦人科”を受診したことがありますか?

「診察が恥ずかしい」と感じてしまい、敷居が高くなりがちな婦人科。でも、女子にとっては、生涯お付き合いしていく、パートナー的存在の診療科なんです。

今回は、スマホアプリの『ルナルナ』が行った婦人科についてのアンケートをもとに、婦人科との上手な付き合い方についてご紹介します。

 

女子の悩み第1位は?

婦人科系の悩みって、なかなか友人と話題にしにくいですよね。みんなは、どんなことに悩んでいるのでしょうか?

アンケートによると、婦人科系の悩み第1位は「PMS(月経前のイライラ)」で42.6%。生理前は、特に理由もないのに恋人にキツくあたってしまったり、ちょっとしたことでイライラしてしまったり……。こんな経験、多くの女子に心当たりがあるのでは?

次いで多い悩みは「月経の悩み・痛み」で40.7%、3位が「頭痛」で28.2%という結果に。

生理に関する悩みは、多くの人が持っているようです。生理がツラいのは自分だけじゃないとわかると、ちょっと安心できますよね。

 

恥ずかしがらずに婦人科に行くべき理由

では、そんな女子特有の悩みを解決するために、婦人科を受診したことがある人はどのくらいいるのでしょう。

今回の調査では、回答者1,289名のうち、71.3%が受診経験アリと回答。逆に、受診したことがない人は28.7%でした。受診経験がない人が3割近くいるとは、少し多いかな……という感じですね。

受診経験がない人のうち31.3%は「受診する必要性を感じていない」ということも明らかになりました。

「自覚症状がないし、自分と婦人科は関係ない」と思っている人が多いようですが、自覚症状がなくても病気が進行している場合もあるんです! 例えば、子宮内膜症は、放っておくと不妊の原因になってしまうことも……。

定期的に婦人科を受診するのは、自分の将来を大切にするという意味でも必要なことなんです。

 

情報収集で不安を解消!

上記の婦人科を受診しない人たちは、その理由を「担当医が男性だと恥ずかしい(6.6%)」「内診が恥ずかしい(5.8%)」と回答しています。

確かに、最初は恥ずかしさがありますし、先生がどんな人かわからないと不安なもの。

ですから、受診する前に、しっかり情報を集めましょう! 病院の雰囲気がわかるホームページをチェックしたり、女性医師がいる病院を調べたり、口コミや評判を検索したりすることで、不安は小さくできるはずです。

『ルナルナ』のようなスマホアプリを活用して、普段の健康状態を把握しておけば、受診時に必要な情報を記録しておくことができるので、初めての受診でもドキドキせずに済みますよ。

 

婦人科は女子にとっては身近な存在。からだの悩みや不安を抱えたまま過ごすのではなく、気軽に相談できる環境をつくって、生涯を通して「からだをサポートしてもらおう」と考えてみてはいかがでしょうか。

 

【参考】

※ 「婦人科について」の調査結果 − ルナルナ

 

【関連記事】

見逃しちゃモッタイナイ!男性が「LINEで見せる脈アリサイン」3つ

すきま時間になにしてる?デキる女が活用する「●●し放題サービス」って?

お宅のダンナは大丈夫?外面がいい男性は「モラハラ常習犯」の可能性アリ!

結婚式前に●キロ減が当たり前!? 花嫁のダイエット事情が明らかに

銀座ホステスが教える!アナタの自己紹介が失敗しちゃう理由とは?