closet

置いてきぼり、されてない?半数以上が「美白ケアは1年中」と回答

「美白ケアが美肌維持に重要」というのは、もはや“常識”ですよね。

イマドキ、「ガンガンに日焼けした小麦肌のほうが健康的!」なんていう人はあまりいないかもしれません。

ここ数年ですっかり定着した、紫外線のお肌への有害性。

夏は顔も腕も日焼け止めを塗りたくっている、という人も多いでしょう。しかし、この時期はまだまだ気を抜いている、という人もいるのでは?

実は、他の人は意外としっかりと紫外線対策しているんですよ。

 

shutterstock_180184937

半数以上が「1年中」紫外線ケアは当たり前!

bihaku

『BWRITE』では、20代以上の女性200名に対して「美白ケアについての意識調査」を実施。20代以上の女性に、“美白ケア”の状況について聞いたところ、4分の3にあたる75.0%が「美白ケアをしている」と回答しています。

しかも半数以上が「紫外線の強くなる“春・夏”だけでなく、年中を通して美白ケアをしている」とのこと。

美白ケアは、すでに女性にとって当たり前のケアとして広く定着しているよう。

UVケアをしている方に「UVケア・美白ケア」の目的を聞いたところ、「シミの予防」との回答が最も多く77.6%と圧倒的な結果に。

シミは、顔全体の印象を老けさせ、見た目年齢を5歳も6歳も引き上げてしまうもの。いつまでも若くキレイでいたい女性にとって、シミ予防のためのUVケアは“常識”となっているようです。

 

美肌セレブの代表はやっぱりあの人!?

bihaku celeb

そんな女性たちのあこがれの美白肌といえば、綾瀬はるか! 200人中80人が「CMで見て肌がきれいだった」「白いだけではなくて透明感のある美肌だから」などと答えています。

たしかに、くすみの一切ない、透き通るような白肌は、女性の憧れそのものですよね。

 

とはいえ、美白成分はそもそもお肌そのものへの負担が大きいもの。使用はきちんとマニュアルに沿って行うこと。

シミの性質によっては、治療法も変化します。素人判断はやめて、皮膚科の先生に診てもらうなど、専門家のもとで適切な治療法を受けることが大切ですよ。

 

【参考】

美白ケアについての意識調査- 株式会社ADDIX

 

【関連記事】

友達には教えたくない!「ダイエット&バストアップ」が同時に叶う秘策って?

「日焼け止め」だけじゃ足りない!春から急増する紫外線の対策3つ

明日の紫外線はどのくらい? 場所と時間でピンポイントに紫外線量が分かるアプリ

「いくつに見える?」年齢は顔じゃなく●●で判断されていた

思いもよらない言葉が愛を成就させた…「禁断の方法とは」