closet

「また会いたい…!」初対面男子の心を鷲掴みにする会話のコツ2つ

飲み会やお食事会に誘われても、初対面の人と話すのが苦手、という女子も多いのではないでしょうか。

その理由は「何を話していいか分からない」ということが大きいと思います。

そこで今回は、「また会いたい……!」と心を鷲掴みにされた会話力のポイントについて、男子に意見を聞いてみました。

「また会いたい…!」初対面男子の心を鷲掴みにする会話のコツ2つ

出典:http://www.shutterstock.com/

 

会話を広げやすい質問が上手

「海外旅行の話になったときに『海外旅行とかよく行くんですか?』って聞いてくる子より『アジアとヨーロッパだったらどっちが好きですか?』って聞いてくる子の方が印象に残りますね。こっちも話しやすいし、盛り上がるから」(33歳/IT関連会社経営)
「『どういうところが好きなんですか?』ってどんどん自分からも突っ込んで聞いてくれる子っていいですね。こっちが聞かないと何も答えない子って会話が止まっちゃうし、つまらないです」(27歳/ゲームクリエイター)

YES・NOで答える質問は、答えただけで会話が終わってしまいがち。しかし、複数の選択肢の中から答えてもらう質問なら「どちらが好きですか? その理由はなぜ?」と会話をどんどん広げていくことができます。

男子に質問をするときは、よりその話題を掘り下げることを意識してみて。

「A or B?」となる質問を心がけて聞いてみると、会話がどんどん弾むかもしれません。

 

会話の中で名前を呼ぶ

「『○○さんはどう思います?』なんてすぐに名前で呼んでもらえると嬉しいですね」(24歳/飲食業)
「ふだん自分が仕事でお客さんに気に入ってもらうためには、必ず『お客様』ではなく『○○様」と名前で呼ぶように意識しています。だからこそ自分を名前で呼んでくれる子がいると、男として意識してくれてるのかな?と心に刺さります」(28歳/不動産物件販売)

初対面の人の名前を覚えるのが苦手という女子も多いのでは? ですが、自分の名前を呼ばれると、相手はグッと親近感を感じてくれます。

営業職の男子に聞いてみると、お客様に良い印象を持ってもらうためには、必ず名前を呼ぶことを意識しているのだとか。名前を覚えるのが得意だという人は、その場で何回も相手の名前を口にすることを習慣にしているようですね。

自分のことを話すのが苦手でも、選択式の質問や「どうしてそう思ったの?」と相手の気持ちを掘り下げていくことで、心を掴む会話をすることができるのです。名前で呼ぶことも忘れないでくださいね!

 

【画像】

※ Shutterstock / g-stockstudio

 

【関連記事】

アラサーなら目指したい「イイ女」!手っ取り早く美人に見えるコツ3つ

男子が「黙っていればかわいいのに」と感じる女子の特徴4つ

「え、もしかして俺のこと?」男子が勘違いする女子の言動4つ

無造作ヘアって実は難しい!? おフェロに隙ありヘアを作る方法[PR]

サロン帰りの仕上がりを♡美容師が教えるブローのコツ[PR]