closet

それって自分のせいかも…彼氏ができないときに見直すべきこと4つ

「彼氏が欲しい」と思っていながら、なかなかうまくいかず、悩んでいる女性は多いはず。

友達には彼氏ができたのに、自分にはできない。そんな状況って、なんだかモヤモヤして、焦ってしまいますよね。

「見た目は私のほうが……。でもどうして私には彼氏ができないんだろう?」

実は気づかないうちに、自分自身で彼氏を作る妨げをしている可能性があります!

今回はそんな女性に向けた、彼氏作りを妨げているポイントをご紹介します。

それって自分のせいかも…彼氏ができないときに見直すべきこと4つ

出典:http://www.shutterstock.com/

 

(1)理想が高すぎる

相思相愛になる相手は、自分の身の丈に合った人。

自分のレベルを客観視しながら、身の丈以上の条件を望んでいないか、ちょっと冷静に考えてみてください。

「イケメンで男らしく、私を引っ張ってくれる人が好き」。こうした条件って、多くの女性が抱くのでは?

でも、人気の物件はつねに埋まっているもの。

理想を掲げるよりも、「ここだけは絶対にゆずれない」といった最低条件を持ったほうが、視野が広がりますよ。

 

(2)考えすぎる

年齢を重ねるほど、「何かをしよう!」と行動を起こしにくくなり、慎重になってしまいます。

特に普段から考えすぎてしまう人にとって、出会いがあっても変に勘ぐってしまったり、行動よりもまず頭が優先されがち。

恋愛は頭ではなく、肌で感じることも大事です。

ぐるぐると考えすぎず、まずは行動を先にして、相手との関係を図ってみるのも悪くないものですよ。

 

(3)コミュニケーションが下手

気になる人ができたら、相手から話しかけられるまで自分から行動を起こさない。

そんな女性は、すっかり行動が受け身になってしまい、コミュニケーションの腕も磨かれないままでは?

人を好きになるきっかけのひとつとして、相手と話していて「楽しい」と感じるかどうかのポイントは大きいです。

はじめから異性として意識しなくても、交流関係を広げるつもりで、出会った相手とのかかわりを大事にしたいですね。

 

(4)自分を卑下しがち

誰しもがひとつやふたつ、コンプレックスを持っているものです。

例えばスタイルが悪い、ネガティブ思考である、仕事が思うようにできないなど。

でも、自分のコンプレックスを気にしながら出会いを求めても、女性としての魅力に気づいてもらえることはありません。

自分を卑下するのではなく、どんなささいなことでも、自分の魅力といえるものを見つけてみましょう。

それが異性を惹きつけられる自分磨きになるはずです。

 

見た目が悪くなくても、こうしたポイントを持っていると、彼氏はなかなかできません。

心当たりのある女性は、ちょっと意識を改められると、ひょんなことからいい出会いが見つかるかもしれません。

 

【画像】

※ Shutterstock / Halay Alex

 

【関連記事】

「この子苦手…」男子がうんざりする口癖4つ

「うわ、こんなコだったんだ…」男性がガッカリする彼女のNG行動4つ

「あぁうぜぇ!」オトコが近づかないネガティブ女子の特徴4つ

無造作ヘアって実は難しい!? おフェロに隙ありヘアを作る方法[PR]

サロン帰りの仕上がりを♡美容師が教えるブローのコツ[PR]