closet

特別な演出したい?それとも…男子が考える理想のプロポーズ

アナタは理想のプロポーズのシチュエーションはありますか?

キレイな夜景がみえるレストランで、彼が花束を持って現れて、そのままひざまずいて“箱パカ”!?

そんなドラマみたいなプロポーズができる男子もなかにはいるのでしょうけど、実際にどんなプロポーズを「した」もしくは「したい」のか“特別 vs 普段通り”の選択肢で、30代の既婚・独身男子に聞いてみました。

特別な演出したい?それとも…男子が考える理想のプロポーズ

出典:http://www.shutterstock.com/

 

やはり大多数は“普段通り”

「そろそろ言わないとな~とは思っていたのですが、特に何の意味もなく、レストランの駐車場で“結婚しよう”と言いました。そしたら彼女は“一生に一度のプロポーズがこんなのってない”って大激怒! 結婚はしましたけど」(35歳/既婚/エンジニア)

「絶対に普段通り! 無理して派手にする方が女子は喜ぶのかもしれないけど、将来“プロポーズの時はあんなに頑張ってくれたのに”とか過去の実績になりそうで怖い」(33歳/バツイチ/テレビ)

「結婚したいと思った時に言うのが自然の流れだと思うから、普通に普段の流れで言うと思います。取りつくろうのは性に合わないので……」(30歳/独身/IT)

予想はしていましたが、やはり大多数の男子たちはプロポーズは普段通りにしたいと考えるようです。特に頑張るコトで過去の実績にされそうという意見はバツイチならではのリアルな意見ですね(笑)。

でも一方で派手ではなくとも、特別にしてほしいのが女心というモノ。特別派の男子の意見とは。

 

“特別”は少数派でも気合いがスゴイ

「ちょうど付き合ってから1年の記念日に、ミシュラン三つ星の高級レストランを予約して、店の人たちにも協力してもらってサプライズでやりました。デザートの脇に指輪を添えて、ちょっとキザ過ぎるかなと思いましたが泣いて喜んでくれました。喜んでほしくて頑張ったので良かったです」(36歳/既婚/医療)

「何も用意してなかったんだけど、気持ちが高まってどうしてもプロポーズしたくなって、花束を買って彼女を迎えに行って夜中の閉まった教会に忍び込んで、ひざまずいて祭壇の十字架の前で十字を切ってプロポーズしました」(33歳/婚約中/公務員)

少数派だった特別派ですが、気合いの入りようとドラマチックなシチュエーションが素敵ですね。でも、ここまでロマンティックではなくても、少し特別の要素があると女子的には嬉しいですよね。

 

ちなみに今回のヒアリングで意外と多かったのは、普段通りにプロポーズをした結果、納得してもらえず、“プロポーズをやり直し”させられたという話でした。

やり直しに応じてくれる優しい彼氏も素敵ですよね。

 

【画像】

※ Shutterstock / IrbisPhoto

 

【関連記事】

男性がこっそり明かす!プロポーズ間近の女性に送る「結婚しよう」のサイン3つ

8割以上が憧れる♥「理想のプロポーズシチュエーション」って?

映画のヒロイン気分なんてウソ!? プロポーズに期待したらいけない3つのこと

本気で「結婚したい!」と思う年齢って?【男子の本音】

本当に結婚して大丈夫?ぜったい夫にしてはいけないタイプ4選