GATTA

春色チークで旬顔に。肌色に合わせて選ぶ「自分に似合う」カラー

いよいよ春本番の陽気になってきた、今日この頃。

セーターを軽やかなブラウスに、防寒命だったパンツを色鮮やかなカラースカートに……そうやって“春支度”を進めている方が多いことでしょう。

しかし、春支度が必要なのはファッションだけではありません。メイクアイテムも見直し、春らしいカラーを揃えたいところ。

そこで今回は、顔の色味別に春におすすめのチークをご紹介。これを読んで、ぜひ自分にぴったりの春色チークを見つけてみて。

 

まずは自分の肌色をチェックしよう!

チークを選ぶ前に確認したいのが、自分の肌色。肌色といっても日焼け具合ではなく、黄味と青みのどちらが強いかという観点で、“イエローベース”か“ブルーベース”かを確認します。

それぞれの特徴を読んで、自分はどちらに当てはまるかチェックしてみてください。

イエローベース

  • 瞳の色が黒い
  • 手持ちの服は暖色系が多い
  • ゴールドのアクセサリーが似合う
  • 日焼けすると肌が小麦色になる

ブルーベース

  • 瞳の色が茶色い
  • 手持ちの服は寒色系が多い
  • シルバーやピンクゴールドのアクセサリーが似合う
  • 日焼けすると肌が赤くなる

 

イエローベースなら…オレンジチークでヘルシー美人を目指そう

イエローベースの方にぜひチャレンジしてほしい春色チークは、この春の流行色の1つであるオレンジのチークです。イエローベースの肌にとても馴染みが良く、頬に健康的な血色感を与えてくれます。春だけでなく夏にも活躍してくれるので、持っておいて損はないチークといえるでしょう。

『NARS』 ブラッシュ 4013 オーガズム (C)GATTA

かわいらしさを残したい方には、写真のようなオレンジピンクのチークもおすすめ。こちらはゴールドのラメも入っているので、塗ると頬に自然なツヤが出て、流行りのツヤ肌にもなれちゃいます。

 

ブルーベースなら…ラベンダーチークで透明感ある美少女顔に

ブルーベースの方におすすめの春色チークは、青みの強いラベンダーのチークです。頬にのせると透明感が増し、ピュアな美少女顔になれます。ただ、ラベンダーチークを単体で使うと、人によっては血色が悪く見えてしまうことも……。そんなときは、ピンクのチークに重ねて使ってみてください。血色感も透明感も手に入れられます。

SUQQU ピュアカラーブラッシュ 06 春菫 (C)GATTA

写真のようなピンクとラベンダーの両方が入ったチークなら、ブラシを全体に滑らせて、そのまま頬に塗るだけでOK! 不器用さんにもぴったりです。

 

どちらの肌タイプにも合う、この春は大人っぽいベージュチークを

筆者がこの春、最もおすすめしたいのは、肌色を問わず使えるベージュのチークです。「地味なのでは?」と思われるかもしれませんが、まぶたや唇に淡いカラーをもってきたときに使用すると、上手にバランスをとれます。

また、最近流行りのコントゥアリングに使うことも可能。輪郭や頬骨の下に入れれば、顔が引き締まって見えます。

BURBERRY ライトグロウブラッシュ 11 ダークアーシーブラッシュ (C)GATTA

自然な印象に仕上げるには、写真のようなマットなタイプを選ぶのがポイントです。しっかり境目をぼかせば、生まれつき美しい骨格であるかのような仕上がりになりますよ。

 

チークは顔の印象を大きく左右するコスメ。ぜひ季節に合わせてアップデートして、旬な顔を手に入れてくださいね!

The post 春色チークで旬顔に。肌色に合わせて選ぶ「自分に似合う」カラー appeared first on GATTA(ガッタ).