closet

3連休は銀ブラしながら国産クラフトビールを堪能!「GINZA de FRESH HOP FEST」が開催されました

Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク内)のクラフトビール&デリスタンド「“BEER TO GO”by SPRING VALLEY BREWERY」(以下BTG)で、国産クラフトビールが楽しめるイベント「GINZA de FRESH HOP FEST」が10月6日(土)~8日(月)にかけて開催されました。

 

「GINZA de FRESH HOP FEST」とは?

「GINZA de FRESH HOP FEST」は、今年で4年目となる全国的な国産ホップのお祭り「フレッシュホップフェスト」の期間中に、スプリングバレーブルワリー株式会社(以下SVB)が提案するビールフェスティバル。

BTG店内には、北は北海道から南は種子島までの全国約40ブルワリーのビールが日替わりで登場し、ホップの生産地である岩手県遠野市で収穫されたとうがらしの一種“遠野パドロン”をはじめ、ホップシロップを使用したポップコーン、ホップ豚のソーセージなど、採れたてホップから醸造されたビール“ヌーヴォー”とともに、全国から集められたとっておきのビールグルメも盛りだくさん!

 

試飲会も行われました!

フェスティバルの開催に先駆け行われたメディアむけ試飲会では、10月1日付でSVBの代表取締役社長に就任した島村宏子氏が「ビール職人達の個性と創造性、情熱や挑戦から生みだされるクラフトビールの価値と“ビアサプライズ”をお客様にお届けしたい」と挨拶。

最近ではクラフトビールを楽しむ女性も増えたそうで、「女性には“飲んでキレイになる”そんなビールのある生活をご提案したい」と、女性ならではの視点も交えクラフトビール市場のさならる飛躍を目指すとしました。

さらに、 10月5日(金)からは代官山の「SVB TOKYO(スプリングバレーブルワリー東京)」にて、希少な国産新品種ホップを使用した「生ホップ超特急 2018 国産新品種β」が限定発売されています。(数量限定発売) 収穫したての特徴である、青りんごのようなみずみずしく華やかな香りが、よりフレッシュに感じられるそうで、ぜひ、足をはこんで国産クラフトビールの新しい世界を堪能してみてはいかが。

 

【参考】

※ Ginza Sony Park

※ GINZA de FRESH HOP FEST

「GINZA de FRESH HOP FEST」は「銀座ソニーパーク」の地下4階にて、10月6日(土)~8日(月)の3日間開催致しました。

 

【関連記事】

男性に聞きました♡ドキッとするオトナ女子の「肌見せファッション」4選

彼女に着てほしい…♡ 男性が選ぶ「人気デートワンピ」はコレ!

お泊りデートは色っぽく…♡彼も喜ぶ「GUラウンジウェア」4選